TOP > 試合結果

【KHAOS】17歳・龍華がファイトマネー総取り、過酷な1Dayトーナメントを制す

2019/06/04(火)UP

1dayトーナメントを2度のKO勝利を含む圧勝で優勝した17歳の龍華

KHAOS実行委員会
『K-1 KHAOS NIGHT.8』
6月1日(土) 新宿FACE

○龍華(りゅうか/17=K-1ジム総本部チームペガサス/K-1甲子園2018 -65kg優勝) 
判定3-0(30-26、30-27、30-28)
●鈴輝勇太(22=team ALL-WIN)

ハイキックを蹴る龍華

 毎回異なる大会テーマが設けられているKHAOSだが、本大会は「Money in the KHAOS ROYAL」と銘打った「対戦相手は前日決定」「優勝者がファイトマネー総取り」(ファイトマネーの額は非公表)という方式で開催された。
 出場選手は男子ライト級(-62.5kg)で、平均戦績5.25戦、平均年齢22.4歳と若い8選手が1dayトーナメントを争った。

 決勝戦では一回戦・準決勝と続けて1R KOで勝ち上がった龍華と今大会がプロデビュー戦となる鈴輝が激突。

龍華が1R、連打で鈴輝からステンディングダウンを取る

 開始から龍華は左ミドル、ハイキックに前蹴り、左ローと猛攻。さらに左ストレート、右フックと連続で攻撃を打ち込む。鈴輝は一回戦からの疲れとダメージで、龍華の連打を浴び続けるとレフェリーがスタンディングダウンを取る。

 2R、挽回を狙い前に出る鈴輝は接近してパンチを連打、疲れの見える龍華は胴回し回転蹴りを見せるがクリーンヒットならず。
 鈴輝が続けて攻撃するが、ローブローとなってしまい、龍華にインターバルが与えられる。再開すると前に出る鈴輝に龍華はヒザ蹴り、顔面へ前蹴りを決める。

鈴輝の突進に下がりながら蹴りを放つ龍華

 3Rも鈴輝は前進して挽回に向かう。龍華は距離を取って左ミドル、左ローキック。しかし、このローが下腹部に入り、鈴輝に一時インターバル。再開後、蹴りの龍華に構わず前に出てパンチを打ち込む鈴輝。下がる龍華だが、左ミドルやバックハンドブローで応戦し攻撃を出し続ける。お互い熱い戦いを見せたが、ダウンを奪った龍華がポイントで差をつけフルマークの判定勝利。過酷なワンデートーナメントを制し、出場選手のファイトマネーを総取りした。

 優勝した龍華は試合後
「試合感覚が短くて、あまり休憩時間がなかったのでキツかったです。一回戦・準決勝は1RKOで勝てて、勢いに乗れたと思ったんですけど…決勝の1Rで飛ばしすぎちゃって、後半は体力的にきつかったです。勝った喜びは大きいんですけど、決勝はダメダメの試合をしてしまったので、そこは反省点かなと思います。(ファイトマネーを総取りできたことについて?)その喜びより、3回しっかり勝てたことの方が喜びは大きいです。(ファイトマネーの)使い道は?)親とご飯に行ったり、友達と旅行にいきたいです。(来週のK-1甲子園にも出場するが)きついんですけど…K-1甲子園も頑張りたいと思います。(今後の目標は?)プロでもっともっと活躍してKRUSHのチャンピオン、K-1のチャンピオンになりたいと思います」と優勝した17歳は大いなるK-1の夢を語った。

【全試合結果】
第1試合
K-1 KHAOS NIGHTライト級・1回戦第1試合
龍華(17=K-1ジム総本部チームペガサス/K-1甲子園2018 -65kg優勝)
KO 1R42秒 ※左ローキック
スーパーアンジ(19=KUNISNIPE旭)

第2試合
K-1 KHAOS NIGHTライト級・1回戦第2試合
●山本真一郎(20=team YAMATO/K-1カレッジ2018 -65kg王者)
判定0-3
○山下和希(25=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

第3試合
K-1 KHAOS NIGHTライト級・1回戦第3試合
○関川和将(29=DTS GYM)
KO 2R 2分2秒 ※パンチ連打
●鈴木孝司(27=K-1ジム蒲田チームキングス/第17回K-1 アマチュア チャレンジAクラス -65kg優勝)

第4試合
K-1 KHAOS NIGHTライト級・1回戦第4試合
○鈴輝勇太(21=team ALL-WIN)
KO 3R 2分55秒 ※右ローキック
●向井貫太(22=WSRフェアテックス三ノ輪)

第5試合
K-1 KHAOS NIGHTライト級・準決勝第1試合
○龍華(17=K-1ジム総本部チームペガサス/K-1甲子園2018 -65kg優勝)
KO 1R 1分22秒 ※左フック
●山下和希(25=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

第6試合
K-1 KHAOS NIGHTライト級・準決勝第2試合
●関川和将(29=DTS GYM)
判定0-3
○鈴輝勇太(21=team ALL-WIN)

第7試合
K-1 KHAOS NIGHTフェザー級/3分3R・延長1R
●知良(かずよし/25=RBアカデミー)
判定0-3
○内田 道隆(23=K-1 GYM横浜infinity/K-1カレッジ2017 -60kg王者)

第8試合
K-1 KHAOS NIGHTフェザー級/3分3R・延長1R
○新美貴士(25=名古屋JKファクトリー)
KO 3R 48秒
●山浦 力也(19=北斗会館浅科道場/K-1甲子園2018 -60kg王者)

第9試合
K-1 KHAOS NIGHTライト級・準決勝第2試合
○龍華(17=K-1ジム総本部チームペガサス/K-1甲子園2018 -65kg優勝)
判定3-0
●鈴輝勇太(21=team ALL-WIN)

女子
K-1 KHAOS NIGHT女子-54kg契約/2分3R・延長1R
○真優(まひろ/18=月心会チーム侍)
不戦勝 ※櫻井が計量オーバーで失格
●櫻井梨華子(27=優弥道場/第3回・第5回K-1アマチュア全日本大会 チャレンジ女子Bクラス -55kgトーナメント優勝)

●編集部オススメ

・2017年は大岩翔大が制しファイトマネー総取り

・ラウンドガール「team KHAOS」メンバー4名決定、6月1日新宿FACE大会に初登場

・【K-1】芦澤竜誠が暴走発言「RISEは天心だけ。K-1が1番」武尊や皇治にも敵意むき出し  

・【グラチャン】K-1スタウロス、引退試合の闘士をローキック葬

・【KRUSH】戦う美容学生・菅原美優が幼稚園の先生チャン・リーと対決

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果