TOP > 試合結果 一覧

【ビッグバン】駿太が圧巻の左フック一撃で防衛に成功

愛鷹亮がパンチ一撃で37秒KO勝利
2019/06/07(金)UP

圧巻のKO勝利を収めた愛鷹(右)

ビッグバンプロモーション 
「ビッグバン・統一への道 其の36」(2P目)
2019年6月7日(金)東京・後楽園ホール

▼第13試合 メインイベント1 90kg契約 ビッグバンルール 3分3R ?
○愛鷹亮(K-1ジムSAGAMI-ONO KREST/Bigbangヘビー級王者)
KO 1R 0分37秒 ※右ストレート
●OD・KEN(ReBORN経堂)

※この試合の動画(ノーカット)はこちら

序盤は、OD・KENのローがヒットした

 愛鷹は左右のフックとローキックを武器に、昨年2月にはK -Jee(28=K-1ジム福岡チームbeginning)を相手にタイトル防衛に成功。今年2月には初代Krushクルーザー級(90kg)王座決定トーナメントに出場したが、RUI(27=K-1ジム蒲田チームキングス)にKO負けを喫している。

 OD・KENは16勝のうち12勝がKO勝ちというハードパンチャー。一撃必殺の右ストレートを武器に、初代Krushクルーザー級(90kg)王座決定トーナメントに参戦。惜しくも1回戦で植村真弥(30=WSRフェアテックス幕張)に敗北したものの、迫力あるファイトで大いに会場を沸かせた。両者ともトーナメント敗戦からの再起戦となる。

ハンマーのようなフックで襲い掛かった愛鷹

 1R、OD・KENが切れのある右ロー、右ミドルを当てていくと、愛鷹が一気に詰め寄り豪快な左右のフックをガードの上から叩き込む。OD・KENがバランスを崩してよろめくと、すかさず愛鷹が渾身の右ストレートをぶち抜き、崩れるようにしてダウン。そのまま立ち上がることが出来なかったためレフリーが試合を止めた。

 勝利した愛鷹は、コーナーに駆け上がり勝利の雄叫び。インタビューには「まず6年間育ててくれた力道場の方々本当にありがとうございました。そして、第二章ということで快く受け入れていただいたKRESTの渡辺代表、ジム関係者の方々ありがとうございます。クルーザーのトーナメントに負けてしまって引退するかどうか考えましたけど、まだ(自分は)何もしてないし、才能を出せてないです。俺が日本一になるのでこれからも応援よろしくお願いします」と力強く語った。

※この試合の動画(ノーカット)はこちら

●編集部オススメ

・駿太が琢磨とタイトルマッチ、ヘビー級王者・愛鷹亮が出場決定

・“和製ムエタイ”大田原友亮、ヒジなし3R戦に向け大技練習中

・K-1やレベルスなど様々な団体から参戦、メインはヘビー級対決

・駿太と村越がヒジありルールで激突、K-1ファイターのエキシも

・セクシー衣装の元K-1ガールズ松嶋えいみ“神ボディ”を保つ秘訣は空手と有酸素運動

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧