TOP > 試合結果

【格闘代理戦争】スペシャルマッチの芦澤一家vs木村組は接戦で木村組が勝利を掴む

2019/06/16(日)UP

スペシャルマッチで勝利した「木村組」

 インターネットテレビ局AbemaTV(アベマティーヴィー)」の格闘技界に次世代スターを送り出す格闘ドキュメンタリー番組『格闘代理戦争 4thシーズン』の決勝戦&スペシャルマッチが6月15日(土)都内にて行われた。

『格闘代理戦争』は、格闘技界の次世代スターを誕生させるべくスタートした格闘ドキュメンタリー番組。4thシーズンでは、「K-1」の現役トップファイターが「監督」として参戦し、若きファイター数名を「ドラフト会議」で選抜。選ばれし“スターの卵”たちがK-1スターの個性的な指導のもと「団体戦」で激突、優勝チームには賞金総額300万円と「K-1」出場が確約される。

 これまでの放送では、芦澤竜誠率いる「芦澤一家」、久保優太率いる「久保ファミリー」、皇治率いる「皇治軍団」、木村“フィリップ”ミノル率いる「木村組」の4組に加え、シードチームとしてピーター・アーツ率いる「ピーターズ」と、武尊率いる「TEAM武尊」、全6組によるトーナメント戦が行われてきた。

 最初の試合は、一回戦で敗れた「芦澤一家」と「木村組」による”ビリを決める”スペシャルマッチとなった。

 第1試合は、高橋享祐(芦澤一家、先鋒)vs田勢ジャイル(木村組、先鋒)が激突。今回代理戦争初出場の田勢は高橋相手に強気な打ち合いを挑んだ。しかし冷静にボディにヒザ・パンチを集めてこれを押し戻した芦澤一家・高橋に軍配が上がった。

 第2試合では、高橋享祐(芦澤一家、先鋒)vs光原考音(木村組、中堅)が対戦。光原が第1試合で体力を削られた高橋をローキックで攻める。互いのスタミナを出し尽くす死闘の結果、光原が判定勝利を収めた。

 続く第3試合は光原考音(木村組、中堅)vs国分勇太(芦澤一家、中堅)による中堅同士の戦い。国分の「悪魔の右足」と呼ばれるほどの強烈なローキックが、すでに体力を使い果たした光原選手を苦しめる。こちらも判定まで試合はもつれ、結果は手数多くアグレッシブに攻め続けた国分が勝利。

榊原がダウンを奪う

 あとがない木村組、ついに大将・榊原達也が登場。魔裟斗もその才能を絶賛する選手の登場で、第4試合の国分勇太(芦澤一家、中堅)vs榊原達也(木村組、大将)は衝撃的な展開となった。
 1R開始28秒で榊原の変則的な右ストレートが国分にクリーンヒットし、ダウンを奪うと、この機を逃さずに衝撃のKO勝利を掴み、芦澤一家の大将を引きずり出した。

榊原(左)と抱き合って勝利を喜ぶ木村

 最終戦となる第5試合は、榊原達也(木村組、大将)vs森優翔(芦澤一家、大将)による大将対決。森は15歳、あどけなさも残る表情に榊原の圧勝かと思われたが、森は年齢からは想像できない落ち着いた戦いぶりで一歩も引かない展開。激しい拳と蹴りの応酬でハイレベルな攻防が繰り返されたが、チームの運命を分ける最終試合は判定3-0で榊原が勝利、木村組が勝利を掴んだ。

 勝利を決めた木村“フィリップ”ミノル監督は、「僕を監督に選んでくれてありがとう。(トーナメントで負けたときは)自分が試合に負けるよりも悔しいと初めてサポートする側の気持ちを知った。1つ1つ試合に勝って人生を変えることが本当に大事なので、今日勝ってくれた選手が誇らしい」とコメント。

 すると、チームの勝利を決めた榊原は「きつかったが、この勝ちはサポートしてくれる周りの皆さんのおかげ。ここからがスタートなので、面白い試合ができるよう頑張ります」とアツく語った。
 なお、木村は6月30日の「K-1 WORLD GP」に出場予定。自身の試合については「さくっと勝ちます」と自信を覗かせた。

写真:(C)AbemaTV

●編集部オススメ

・皇治軍団が準決勝進出で武尊チームと対戦決定、両者が早くも挑発

・Aブロックは久保優太ファミリーが準決勝進出、新たにピーターアーツチーム出現

・マッハ推薦の平田樹がトーナメント優勝

・MIOが格闘代理戦争のスペシャルマッチで勝利=ページ下段

・MIO「今回は当てて逃げて“闘牛士”がテーマ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > 試合結果