TOP > 試合結果

【新日本キック】重森陽太がWKBA世界王座を獲得、江幡睦は強豪タイ人に圧巻の1R KO勝利

2019/07/07(日)UP

常にアグレッシブに攻め続けたリカルド(左)が判定勝利

▼67kg契約 3分5R
○リカルド・ブラボ(アルゼンチン/伊原道場アルゼンチン支部/日本ウエルター級王者)
判定3-0 ※50-46、50-46、50-47
●助川秀之(Turning Point)

 リカルドは、日本ウェルター級王者であり、今年に入ってラジャダムナンスタジアムで1勝1敗の実績を残した。連勝とはならなかったが、着実に実力を付けている。対する助川はKAMINARIMONやDEEPの地方大会などに参戦している。

 1R、リカルドは前進して右ローから助川の蹴り足を掴んで強烈な右ストレートを見舞う。対する助川は前蹴りでけん制し、左ミドルを返す。
 リカルドは2R、3Rと強烈な右ストレートをヒット。リカルドのパワフルな攻めに助川なかなか手が出ない。

 4R、序盤はリカルドのローやミドルに、助川が距離を取りつつもローを返していたが、終盤にリカルドの渾身の右ストレートがヒットし、助川はよろめいて後退する。
 5Rは序盤から、リカルドが猛攻を仕掛ける。最後まで左右のパンチを振り回して、助川を追い詰めて圧倒。終わってみればリカルドが大差の判定勝利を収めた。


豪快な左ミドルをぶち込む喜多村(左)

▼70kg契約 3分5R
○喜多村誠(伊原道場新潟支部/前日本ミドル級王者)
判定3-0 ※10-10、10-9.10-9
●ペッダム・ペットプームムエタイ(タイ/元アーウナンスタジアム・スーパーフェザー級王者)

アクシデントが発生し、ペッダムは立ち上がることが出来なかった

 1R、序盤からお互い重いロー、ミドルを蹴り合う。喜多村がペッダムを首相撲からこかしに行き、両者が転倒したところでペッダムが顎を怪我するといったアクシデントが発生。ペッダムにドクターチェックが行われるもそのまま立ち上がることが出来ず、続行不可能となったため、それまでの判定で勝敗を決することとなった。
1Rの判定で喜多村が勝利した。


変則的な蹴りも魅せた仲山(左)が勝利

▼51.5kg契約 3分3R
●泰史(伊原道場本部/前日本フライ級王者)
判定3-0 ※29-28、30-29、29-28
○仲山大雅(RIOT GYM)

強烈な仲山のボディブローが何度も突き刺さる

 1R、サウスポースタイルの仲山が左ミドルやロー中心に攻めると、泰史は右ローを返し終盤に右ストレートをヒットさせる。

 2Rには仲山の前進に泰史が組んでの右ヒジを効かせるが、仲山も左右の豪打をぶち込む。
 
 最終ラウンドは両者、積極的に前に出てパンチで打ち合い、仲山の左フックと泰史の右ストレートが相打ちとなる場面も。仲山が豪快な左ボディを連続でぶち込んで印象付け、離れ際に左ヒジによるカットを奪う。泰史にドクターチェックが入り、再開後、激しい打ち合いの中で終了のゴング。最終ラウンドに有効打を奪った仲山が判定で勝利した。


▼63kg契約 3分3R
●渡邉涼介 (伊原道場新潟/日本ライト級2位)
TKO 2R 2分29秒 ※タオル投入
○イ・クロウ(Kick In The Door)

▼62kg契約 3分3R
●ジョニー・オリベイラ(ブラジル/トーエルジム/日本ライト級4位)
判定0-3 ※三者とも29-30
○角谷祐介(NEXT LEVEL渋谷/ムエタイオープン&ルンピニージャパン スーパフェザー級1位)

▼日本フェザー級 3分3R
○平塚一郎(トーエルジム)
判定2-0 ※30-29、29-29、30-29
●仁琉丸(ウルブズスクワットキックボクシング道場)

●編集部オススメ

・重森陽太がWKBA世界王座に挑戦

・【KNOCK OUT】重森陽太が髙橋一眞に競り勝つ

・江幡睦「武尊選手といずれどこかで交わることが出来たら面白い」

・【KNOCK OUT】小笠原瑛作と江幡塁、更なる技術向上で決勝での再戦目指す=昨年名勝負に

・キックボクシング歴2年の広瀬すず、誕生日にパンチでロウソク消し21本に挑戦(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果