TOP > 試合結果

【ボクシング】拳四朗が4回TKOでV6「強い挑戦者の皆さん、どんどん挑んで来て」

2019/07/12(金)UP

4回TKOでV6を達成した拳四朗

 7月12日(金)大阪・エディオンアリーナにて『WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ』が行われ、6度目の防衛戦を迎えた拳四朗(27=BMB/王者)が2度目の世界挑戦のジョナサン・タコニン(32=比/同級1位)を4R1分0秒、TKO勝ちで下し6度目の防衛に成功した。

 ダウン経験がなく、68.8%という高KO率のタコニンは1Rから距離を詰めて連打に来る。拳四朗は下がりながら左のジャブを打ち入らせなかったが、2R、タコニンの左右のパンチを被弾。
 3R、拳四朗の右ストレートが入りタコニンが少しグラつき、ボディも入りタコニンが初めて下り始め反撃も、拳四朗のバッティングでタコニンが額から流血、拳四朗に減点1が与えられる。

拳四朗はジャブから右ストレートが冴えた

 そして4R、ボディを中心に突進してくるタコニン。拳四朗は下がりながらパンチを返すと、タコニンがガードするもバランスを崩す。そしてタコニンの左フックに拳四朗はカウンターの右ストレートがクリーンヒット、続けて倒れぎわに左フックヒットさせるとタコニンが前のめりにダウン。立ち上がってもふらつくタコニンにレフェリーはストップ。TKO勝利し6度目の防衛に成功した。

勝った拳四朗は地元関西の声援に「すごい大きな歓声で気持ちいい。思ったよりパンチもらって焦りましたが、綺麗に倒せて良かった。目標は具志堅さんの防衛記録(V13)。まだ半分くらいです。まだまだ強い選手とやってベルトがかっこいいいと思われる選手になりたいです。強い挑戦者の皆さん、どんどん挑戦してきてください」とアピール。観客席では近い将来に拳四朗との統一戦が噂される現WBA世界ライトフライ級スーパー王者の京口紘人の姿があり拳四朗の勝利に笑みを浮かべていた。

●編集部オススメ

・拳四朗、テレビの露出考え8ラウンドでKO勝利宣言

・拳四朗「この破壊力ハンパねぇ」計量後の焼肉弁当は超豪華7万円

・出た、拳四朗が必殺の”北斗百裂拳”でKO勝利

・京口紘人が拳四朗の“全然勝てる”発言に言及

・井岡一翔の表彰式で目立ちすぎのラウンドガールは、まさかのミスマガジン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果