TOP > 試合結果 一覧

【DEEP】白川の肩脱臼で大塚隆史がTKO勝利、RIZIN四天王へ「全員ぶっ倒してやる!」と宣戦布告

2019/09/09(月)UP

白川(右)が打撃で優位に立つかと思われた矢先、肩を負傷するアクシデントに見舞われる

DEEP事務局
『DEEP 91 IMPACT』
2019年9月8日(日)東京・ニューピアホール

▼第14試合 メインイベント DEEPバンタム級 5分3R
○大塚隆史(T GRIP TOKYO)
TKO 1R26秒 ※白川の肩負傷のため
●白川”Dark”陸斗(志道場)

大塚(右)が白川の首に手をまわした瞬間に白川が苦悶の表情を浮かべタップ

 大塚は打撃&タックルの強さを武器に、長きにわたってDEEP軽量級のトップに君臨。第3代DEEPフェザー級王者、第2代・第5代DEEPバンタム級王者と3度王座に就いた。2017年は「RIZINバンタム級トーナメント」に参戦し、大みそかの準決勝まで進出したが石渡伸太郎に敗れ、2018年8月にはビクター・ヘンリーと対戦したがKO負け。再起を懸けた12月の赤尾セイジ戦では勝利を収め連敗を脱出した。今年5月にグアムのMMA(総合格闘技)団体『PXC』のバンタム級王者トレヴィン・ジョーンズに2Rチョークスリーパーで一本負けを喫し、今回が再起戦となる

大塚(左)は打たれながら白川をつかみグラウンドへ引きずり込んだ

 対する白川はDEEP最激戦区のバンタム級で活躍するTHE OUTSIDER出身のストライカー。RIZINで活躍する朝倉兄弟とも交流を持ち、今年8月には朝倉海の練習相手として「仮想堀口」を務めた。敗北を恐れず打ち込む打撃が持ち味であり、今年4月の大阪大会では釜谷真にリアネイキドチョークで敗れたもののKO寸前まで追い込む打撃を見せた。6月には石司晃一を再三のアッパーで苦しめ判定勝ちをもぎ取り、RIZIN参戦をアピールした。

 1R、白川の右ストレートをよけた拍子に転倒した大塚へ覆いかぶさるように襲い掛かる白川。大塚も自ら組みに行き、白川のバックを取る。左手で白川の首を取る体勢になった瞬間、白川が苦悶の表情を浮かべ何かをアピールすると突如試合が終了。白川の右肩が外れてしまったため、負傷による大塚のTKO勝利となった。

消化不良の大塚は白川との再戦を要求し、さらにRIZIN四天王へ「全員ぶっ倒してやる」と宣戦布告

 結果として瞬殺KOとなった大塚はマイクを握ると「納得いってないというか。僕との衝突で外れたかもしれないけど、僕がこの試合のためにハードな練習を積んできたので、もう一度やりたいですね。白川選手、いい選手でいい試合できると思うので、やりたいです。」と白川との再戦をアピール。その勢いでRIZINに話題を移すと「RIZINはバンタム級四天王とかふざけた名前つけてるけど、俺を忘れてるんじゃねえぞと。全員ぶっ倒してやる!」と、盛り上がりを見せるRIZINバンタム級への大胆な宣戦布告を見せた。


5年ぶりの国内復帰戦となった安西(左)は威力のある打撃を武器にプレッシャーをかける

▼第12試合 DEEPウエルター級 5分3R
●佐藤洋一郎(KATANA GYM)
負傷判定0-2 ※19-20、18-20、19-19 ※アクシデント判定のため後日審判団で再判定
○安西信昌(TEAM CLIMB)

佐藤(右)も元修斗王者として真っ向勝負に挑む

 佐藤は、高校時代にはボクシングと柔術の経験を持ち、2008年に修斗でデビュー。その後キャリアを積み、修斗、パンクラス、HEATなど様々な大会に出場し、6連勝を飾るなど国内ウェルター級でトップファイターとして不動の地位を確立。今年6月には第7代DEEPウェルター級王者・悠太(ALLIANCE)に判定負けを喫したものの、左ミドルで悠太を苦しめた。

 安西は2009年のプロデビューからハードパンチを武器にパンクラスで活躍し、2014年6月にパンクラス・ミドル級王座を獲得。同年8月にUFCへ参戦し、デビュー戦では敗れたが、その翌年9月と2017年9月にはUFC日本大会へ出場し2連勝を収めた。しかし、2018年6月に迎えた4戦目で1R一本負け、2勝2敗となり契約終了していた。これまであげた10勝のうち7つがKO勝利。実に5年ぶりの国内団体参戦となる今回、自慢の強打で再起を目指す。

佐藤(手前)は腕ひしぎから足首を狙う

 安西が右のオーバーハンドからタックルでグラウンドに持ち込むが、佐藤が腕ひしぎを仕掛け、解かれると安西の左足を掴みトゥホールドをしかけていく。スタンドに戻ると安西が再び右オーバーハンドからタックル。安西が上になると佐藤は腰裏で足をロック、クビ裏で両手をクラッチし安西の自由を奪う。安西は動きを制限されたものの、右手で佐藤の側頭部へパンチを見舞う。終盤に安西が目の付近を負傷しドクターチェックが入るが続行と判断される。

安西の頭部からはおびただしい量の血が流れた

 2Rに入った直後、グラウンドの主導権を取り合う中で安西が頭部を負傷。これがおびただしい出血となり両者が鮮血に染まり、実行不能が宣告された。佐藤はヒジによるカットを主張するが、審判団の競技によりアクシンデントによる負傷と裁定。2ラウンド途中までで判定が行われ、ジャッジ2者の支持を受けた安西が勝利を手にした。

 なお、この判定はあくまでアクシデント判定のため、後日審判団で映像を再確認。その結果、安西の負傷が佐藤の打撃によるものと判明した際には佐藤のTKO勝利へと判定が変更される見込みと発表された。

●編集部オススメ

・メインの大塚隆史が計量に大幅遅刻でパス=全選手計量結果

・2年ぶり復帰の安西が勝利の雄叫び=2017年9月

・那須川が因縁の相手・藤田を87秒でKO葬=2017年12月

・富松恵美がベテランの技術見せ、女子大生ファイター・古瀬美月に勝利=2019年6月

・青野ひかるが計量クリアでWピース、寝技で一本勝ち宣言

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧