TOP > 試合結果 一覧

【ボクシング】山根明元会長が初興行「もう一度頑張れという神の声を聞いた」

2019/09/29(日)UP

新王者となった高橋(右)とツーショットの山根氏

 9月29日(日)京都市のKBSホールにて日本ボクシング連盟の山根明元会長(79)が設立した新団体「WYBC(ワールド・ヤマネ・ボクシング・チャンピオンシップ)」の第1回大会が行われた。

 試合はWYBC認定世界ヘビー級タイトルマッチ3分3R。一辺わずか4メートルの世界一狭いリング(ボクシングでは5.47m~7.31m以内で規定)で行われた。

 それに挑んだのは同じく一辺4メートルのリングで戦うマイナー・プロボクシング組織、WSCS(ワールド・ストリート・チャンピオン・シップ)で、日本人初の世界ヘビー級王座に就く高橋知哉(31=BONECRASH)と、同様のマイナー団体WNFC(ワールド・ナックル・チャンピオンシップ)世界ヘビー級王者のダニエル・ハット(ブラジル)。結果は判定2―0で高橋が勝ち初代王者となった。

強烈なパンチを打ち込む高橋

 山根氏は「新しい団体を立ち上げました。若い高橋君と出会い、山根よ、もう一度頑張れという神の声を聞きました。リングに上がって久しぶりに涙が出ました。ジムに所属していないフリーランスのボクサーにチャンスを与えていきたいですね。この団体で少しでも社会に貢献していくのが願いです。」と山根氏再復活の狼煙をあげた。

(写真(上):植田洋介)

●編集部オススメ

・【ボクシング】山根明元会長が新団体設立へ「非公認だからこそ夢を感じたんや」

・山根明前会長が「話題賞」でビートたけしの前で歓喜のシャドーボクシング、反論宣言も

・山根明氏、WBSS準決勝に挑む井上尚弥を大絶賛

・前田日明が大激怒!アウトサイダー史上最多の乱闘が勃発

・極真の大会が始まって今日で50年、第1回王者・山崎照朝氏が語る極真ルール誕生秘話

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧