TOP > 試合結果 一覧

【新日本キック】江幡睦が接戦の末ドローでラジャダムナン王座獲得ならず、勝次はWKBA世界王座を戴冠

2019/10/20(日)UP

惜しくもベルト奪取はならなかった江幡(左)とベルトを防衛したサオトー(右)

新日本キックボクシング協会
『MAGNUM51』
2019年10月20日(日)東京・後楽園ホール

▼スペシャルメインイベント 第9試合 ラジャダムナンスタジアムバンタム級タイトルマッチ3分5R
△サオトー・シットシェフブンタム(タイ)
判定0-0 ※三者とも48-48
△江幡 睦(伊原道場本部)
※サオトーが初防衛に成功

左ミドルをヒットさせる江幡(左)

 江幡は弟の塁と共に軽量級とは思えないズバ抜けた攻撃力を誇り、兄弟で“打倒ムエタイ”を掲げ、タイ二大殿堂スタジアムの1つ、ラジャダムナンスタジアムのタイトルを狙う。今回はラジャダムナンのベルトには4回目の挑戦となる。

 対するサオトーは元ラジャダムナン・スーパーフライ級王者サオエーク・シットシェフブンタムの双子の弟であり、ヒジを得意としている。前日会見では(フィニッシュは)「具体的には言えないけど、肘で決着つけます」とヒジ打ちで勝利を宣言していた。

 1R、江幡が序盤から積極的に右ローやミドルを蹴り込んでいく。サオトーは序盤はじっくり様子を見て右ミドルを返す。中盤に江幡が左右のボディフックをクリーンヒットさせるも、サオトーは頑丈で表情を変えない。終盤まで江幡は左右のローを連発していく。サオトーは横ヒジを狙っていくが空を切る。

サオトーの多彩な蹴り技

 2R、開始後すぐにサオトーが左ハイキックをヒットさせる。距離を詰めて右ローや左ミドルを放っていく江幡に対して、サオトーが組んでの左の横ヒジ。江幡が強烈な右のボディストレートをヒットさせるも、サオトーは組みの展開に持っていき、離れ際に右のヒジを合わせていく。

 3R、サオトーは前進して、首相撲の展開に持ち込むと離れ際に強烈な左ヒジを合わせる。江幡はサオトーの前進に対して下がりながらも右ローや左ミドルを繰り出していくが、サオトーが首相撲で支配していき、サオトーの組んでの左右のヒジが江幡に何度もヒットする。江幡は下がりながら必死にローやパンチを合わせようとするが中々捉えることができない。

サオトー(左)のヒジ打ちは強力であった

 4R、サオトーが前進して、江幡のパンチに合わせて左の横ヒジをクリーンヒットさせると江幡の目尻は内出血して腫れ上がる。それでも前に出る江幡に対して、サオトーは容赦なく組んでのヒジを全力で振るっていく。江幡も右ヒジを当て返すが、首相撲ではサオトーに分がある。ボディの左ミドルを突き刺す江幡に、サオトーはサウスポーにスイッチしながら左ミドルを放つ。

 5R、ガードを下げて距離を取るサオトーに対して、江幡は圧力を強めて左右のローを散らしていく。中盤に前に出続ける江幡は、右ローからの左右のフックを振るっていく。

KOを狙いにいく江幡(右)だったが倒すことは出来なかった

 サオトーは組み付いてのヒザ蹴りで耐え、遠い距離からの右ミドルで応戦する。終盤には江幡が左ミドルをヒット、ワンツーからの左右のフックでサオトーにロープを背負わせる展開に。最後に右ローからワンツーをヒットさせたところで終了のゴング。5Rまで攻撃を出し続けた江幡と、中盤の3R、4Rにムエタイのテクニックを見せ付けた両者の判定は、三者とも48-48でドロー。サオトーがドローで防衛を果たした。

 試合後、江幡は「自分のところにベルトがないのは信じられないです」と落胆した表情を見せ、「手応えはありましたし、首相撲でもポイントを取られていない自負はあって、倒しきれなかったところに尽きます。一つでもダウンを奪えない僕はラジャのベルトを奪えないということだと思います」と倒しきれなかったことが敗因だと述べた。

試合を振り返る江幡睦(右)と弟・塁(左)

 対戦相手のサオトーについては「良い選手でした、こんな僕と戦ってくれて感謝しています」とコメント。サオトーがボディやローが効いていたことは江幡は感じ取っていたというが、「今の自分の精一杯がここだと思っています。引き分けでも負けは負けだと思っています」と語った。

 弟の塁は「作戦を遂行していてムエタイの駆け引きにキックボクシングで対抗してたのは感じたし、通用したのも分かりました。睦の試合を見て本当によく戦ったと思います。ダウンがあったら勝ちだったと思うと、自分も同じように課題が見えました」と兄の健闘を称え、振り返った。


勝次(左)が豪快なKO勝利

▼メインイベント 第8試合 WKBA世界スーパーライト級王座決定戦3分5R
◯勝次(藤本ジム/WKBA世界スーパーライト級2位)
TKO 2R 2分59秒 ※パンチ連打
●アニーバル・シアンシアルーソ(アルゼンチン)
※勝次が王座に就く

右ローを走らせる勝次(左)

 勝次は戦績60戦を超える32歳。2015年にキャリア12年目にして新日本キックボクシング日本ライト級王座を獲得。今年の3月には今回より1階級下であるライト級のWKBAの世界タイトル戦に敗れたが、7月に日本ライト級のベルトを返上して、階級変更後すぐに世界タイトルマッチのチャンスが巡ってきた。

   対するアニーバルは、18年4月の新日本キックのリングで緑川創と対戦経験があるアルゼンチンのファイターで、ライト級ムエタイ南米王座を獲得した実績を持つ。緑川戦では不完全燃焼だっただけに今回に懸ける思いは強い。戦績は34戦24勝10敗と、こちらも30戦以上の戦績を誇る。

飛びヒザをヒットさせる勝次(右)

 1R、鋭い右ローを蹴り込んでいく両者。勝次が左右のローから右ミドルまで繋げると、アニーバルも負けじと左ミドルを返す。アニーバルが飛び込んでの右ストレートを放つと、勝次が左フックをカウンターで何度もヒット。終盤には勝次が右ローから左フックを効かせてアニーバルを後退させると、パンチの連打でダウン寸前まで追い込む。

 2R、アニーバルが積極的に出て右ローを繰り出し、組んでの右ヒジを狙っていく。序盤は様子を見ていた勝次だったが後半になると右ローを連発してカウンターの左フックをヒット。

念願の世界タイトルを獲得した

 動きが鈍ったアニーバルに容赦なくパンチを浴びせていく。コーナーにアニーバルを追い詰めてパンチを連打、ヒザ蹴りまで繋げるとアニーバルは防戦一方となりスタンディングダウンがレフェリーより宣告される。何とか立ち続けるアニーバルに対して、勝次は怒涛のパンチのラッシュで更に2回スタンディングダウンを奪い、レフェリーが試合を止めた。TKO勝利で勝次が世界タイトルを獲得した。

 勝利した勝次は「僕は諦めませんでした。信じて応援してくださってありがとうございました。ゴールはここではなくてもっと強い選手がいて、日本チャンピオンとか世界チャンピオンとかの名前のある選手に勝っていきたいです。これからも応援よろしくお願いします」とコメントした。

●編集部オススメ

・【前日計量】江幡睦が4度目のラジャ王座挑戦へ計量パス「ベルト巻いた姿を日本中に見てもらいたい」

・【前日計量】勝次とアニーバルがWKBA世界王座獲得へ向け意欲

・美貌で注目の ぱんちゃん璃奈、計量パスで意気込み「綺麗なムエタイスタイルを」

・江幡塁が小笠原瑛作からダウンを奪う猛攻、初代Sバンタム級王者となる=2019年8月

・【グラビア】小瀬田麻由、ダイナマイトボディ作りは筋トレとキックボクシング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧