TOP > 試合結果 一覧

【ボクシング】38歳・佐藤幸治の五輪の夢ついえる、無念のレフェリーストップ

2019/11/23(土)UP

佐藤(左)の「見えない」左ジャブをかいくぐる森脇(右)。この後カウンターを打ち込んだ

 2000年シドニー五輪、2004年アテネ五輪の予選で敗退した無念から、2020年東京五輪を意識して電撃復帰したプロボクシング元日本&東洋太平洋ミドル級王者の佐藤幸治(日本大学OB)は、優勝すれば五輪予選や開催国枠の候補に抜擢される『第89回全日本ボクシング選手権大会』に鹿児島の阿久根市総合体育館で臨んだが、2回戦で昨年度の優勝者は、森脇唯人(自衛隊体育学校)」に、第3ラウンドRSC(レフェリー・ストップ・コンテスト)負けで敗退。五輪の夢は再び消滅した。

 再起した佐藤には、これまで内山高志氏や山中慎介氏、長谷川穂積氏、粟生隆寛氏らの世界王者を含めたプロボクシング時代の友人も多く応援に駆けつけていた。プロ引退から何年も経た上での復帰には、ブランクの影響も顕著で既に38歳。対する森脇は昨年から多くの国際大会で活躍している充実度の高い23歳で、スピーディーなコンビネーションに佐藤は初回から劣勢を余儀なくされた。そして最終ラウンド、カウンター気味の左フックでキャンバスに沈み、レフェリーはカウントを取らずに試合をストップさせた。プロとアマで通算15のタイトルを獲得してきた佐藤はこれが同選手権におけるキャリア初黒星。

フィニッシュの左フックで右目周辺が腫れあがった佐藤

 試合後の囲み会見で、佐藤は応援してくれた人をオリンピックに連れて行きたかったと号泣。「無念を晴らそうと思ってまたオリンピックを目指したのにまた大きな無念も残してしまった」とも語ったが「それも挑戦できたからこその話」とこれまでサポートしてくれた人に感謝の言葉を述べた。

●編集部オススメ

・佐藤幸治が五輪出場にまた一歩前進、山中慎介&長谷川穂積も激励=11.21

・赤井英和氏の長男・英五郎の東京五輪出場は消滅

・村田諒太の初防衛戦が決定、相手はWBO1位でKO率86%のバトラー(動画あり)

・井岡一翔戦のラウンドガール、目立ちすぎた経緯を説明

・「五輪目指す」内山、山中も応援、元日本王者・佐藤がプロからアマ転向の勝者第1号に=2019年7月

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧