TOP > 試合結果 一覧

【海外ムエタイ】40歳・石毛慎也が日本人9人目のラジャダムナン王座を獲得

2019/11/30(土)UP

日本人9人目のラジャダムナン王者となった石毛

▼第8試合 ラジャダムナンスタジアム認定ミドル級タイトルマッチ
〇シンヤ・ホクセイジム(石毛慎也/40=LAILAPS東京北星ジム/ラジャダムナンスタジアム同級4位)
TKO 5R KO
●シアンチャイ・P.L.S.ジム(タイ/ラジャダムナンスタジアム同級2位)

 元NKBウェルター級王者で、現LAILAPS東京北星ジム代表の石毛慎也(リングネーム:シンヤ・ホクセイジム=40)が11月28日(木・現地時間)ラジャダムナンスタジアムのタイトルマッチに挑み、5R 見事左ボディブローでKO勝利。40歳にして日本人9人目のラジャダムナンスタジアム認定王者に輝いた。ラジャダムナンスタジアムのSNSでも5R KO勝ちでシンヤが王者に輝いたと報じた。

15年1月のタイトルマッチでは額から出血しながら攻撃を続けるもTKO負け、王座獲得はならなかった  Photo by 早田寛 HiroshiSoda

 石毛は日本での試合は20代で締めくくり、30歳以降はタイに集中。タイトルマッチとしては15年1月のラジャダムナン以来の試合だ。そのときは相手のヒジで額を切り大きく出血。3RでTKO負けしている。

 試合はパンチとローキックでいくという作戦だったが、1Rに古傷の右のスネから出血。それでも右ローキックをやめず、傷が開いても攻め続けた。

 前回、ヒジでカットしTKO負けしているだけに、それを警戒し攻めあぐむ場面もあったが、前蹴り、パンチ、ヒジと積極的に攻め5RにボディブローでKO勝利した。

試合前、サウナスーツで減量に励む石毛。右は11月KNOCK OUTで小笠原瑛作と戦った元ラジャ王者・サオエーク(@lailapsgymより)

 石毛はイーファイトの取材に、ラジャのベルトを獲った感想として「権威あるラジャのベルトを巻かれるって気持ちいい!」と喜びを語った。

 ジムの指導者として「挫折はあっても諦めず挑戦を続けていたらいつか夢を掴む事ができるということを体現できたことをこれからの若い子達にも胸を張って話したいと思います」と話し、今後については「ムエタイは奥が深くまだ自分ではできない事も沢山あるので、まだまだ日々研鑽していきたいと思います」とこれからもムエタイを追求していくとした。

●編集部オススメ

・39歳・石毛慎也がヒジでTKO勝ち

・石毛慎也、ラジャ王座再挑戦もTKO負け=2015年1月

・【ベストファイター9月】日本人8人目のラジャ王者となった竜哉、ルンピニーと統一王座目指す

・【12.8 BOM】竜哉の姉・奥脇奈々、天才・伊藤紗弥との一戦も「怖いというよりワクワク」

・【イノベーション】タップロンがトーナメント制覇、原口が森井にTKO勝利、小林愛三は女子新王者に=2019年11月

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧