TOP > 試合結果 一覧

【ボクシング】キル・ビーが初のプロボクシング戦、ダウン奪いデビュー戦を勝利で飾る

2019/12/02(月)UP

開会セレモニーでのダンス。試合はディナーショー形式で楽しまれた

 11月30日(土)、台湾のサンワールド・ダイナスティホテル2階の大広間において、今年30周年を迎えた人気ボクシング漫画『はじめの一歩』とコラボしたプロボクシング興行『2019台湾 職業拳王争覇戦 vol.3』が開催され、同マンガの作者・森川ジョージ氏の主催するJBスポーツジム所属の田村亮一、花森成吾、渡部浩人がそろってTKO勝ちを収めた。

 また、今回行われた唯一の女子戦では今年4月にアマチュアの国家代表としてアジア選手権(バンコク大会)に出場したチン・チアンフエイ(台湾)が出場。

前日計量時のチン(左)とキル・ビー(右)

 相手は「キル・ビー」のリングネームでキックボクサーとしての来日経験が豊富なチュアン・カイティン(台湾)。ビーはKrush、KNOCK OUTなどに参戦し、2018年7月にはONEデビュー戦で女子アトム級キックボクシングの初代世界王者に輝いている(その年の10月にスタンプ・フェアテックスに敗れて王座陥落)。

 ビーはボクシングでも学生を対象とした台湾選手権で優勝し、2013年の世界女子選手権にライトフライ級で出場した経歴を持つ。約20戦のボクシング経験があるものの、対するチンはすでにプロボクシングでも1試合を経験しており、今回の試合には分が悪いという見方も多かった。

プロボクシングの初陣を飾ったキル・ビー(右)

 しかし試合が始まると、フィジカルの強さと勝負度胸で、第2ラウンドにはチンから右ストレートでダウンを奪い、文句なしの判定勝ち。試合後にビーは「プロボクシング戦のチャンスがあったからトレーナーの指示で参加したけど、キックをやめたわけではない。今後も競技を問わず、試合のチャンスを逃さないようにしていきたい」と話した。

はじめの一歩でおなじみの「デンプシー・ロール」を使って挑戦者を空転させる杉田(右)

 セミファイナルでは、警視庁に勤務するポリスボクサーであり、アマチュア戦績も、ちょうど“110勝”を残した杉田ダイスケ(ワタナベ)がWBAアジア・スーパーバンタム級王座の初防衛戦に臨み、挑戦者エディソン・ベルウェラ(フィリピン)に最大6ポイント差の判定勝ち(3-0)を収めた。

 周辺の香港では、民間人と警察の激しい衝突が続いており、「台湾では、自分のキャラクターが受け入れられるのか少し不安だった」という杉田だが、前日計量で敬礼のポーズを取ってみせると記者たちに好評で、試合後も多くの観客にこのポーズをリクエストされていた。(善理俊哉)

●編集部オススメ

・キル・ビーがONEキックボクシング女子アトム級初代王座を獲得=2018年7月(ページ下段)

・【ONE】スタンプ・フェアテックスがキル・ビーを破り新王者に=2018年10月

・【Krush】キル・ビーがムエタイ9冠王Little Tigerに判定勝利=2016年1月

・吉田実代が大みそかに初防衛戦、田中・井岡とトリプル世界戦に

・鈴木なな子が計量パス、雰囲気はAKBと香港で注目「実力を伴わせたい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧