TOP > 試合結果 一覧

【パンクラス】藤野恵実が念願の初タイトル奪取「ババァをなめんなっ!」

2019/12/09(月)UP

テイクダウンし上から攻めるビコ

▼第7試合 フライ級 5分3R
●秋葉太樹(総合格闘技道場Reliable)
判定0-3 ※3名とも27-30
〇ルサンド・ビコ(南アフリカ/PESFA)

 1R、オーソドックススタイルの両者だが、ビコはスイッチも多用。打撃の探り合いの攻防から、秋葉が先にテイクダウンを狙う。秋葉のハイキックに合わせてビコがパンチを打ち、スリップ気味に秋葉が倒れる。すぐに立ち上がった秋葉だが、ビコが押し込みケージレスリングの展開へ。ラウンド終盤、ケージに押し込みスタンドバックについたビコが背後からヒザを打ちラウンド終了。ジャッジは3名とも9-10ビコ。

 2R、開始早々バックスピンキックを放つビコ。パンチで前に出る秋葉に対し、ビコがテイクダウンに成功。すぐに立った秋葉は、ケージに押し込まれながらも払い腰でビコを投げる。ビコはすぐに立ち上がり、再度ケージに押し込みながらダブルレッグでテイクダウン。バックからスリーパーを狙うが、秋葉も向き直り反撃。しかし、すぐに立ったビコが再びテイクダウンしパウンドを放つ。ジャッジは3名とも9-10ビコ。

 3R、パンチからダブルレッグでテイクダウンしたビコだが、秋葉はすぐにスイープしパンチを放つ。立ち上がったビコは、再度テイクダウンを決めてトップから攻める。そのままビコがコントロールを続け攻撃をし、ラウンド終了。判定0-3でビコが勝利。


ウーゴが亀井の背後からコントロールする

▼第6試合 フェザー級 5分3R
●亀井晨佑(パラエストラ八王子)
判定0-3 ※3名とも27-30
〇ビクトル・ウーゴ(ブラジル/ASTRA FIGHT TEAM)

 1R、オーソドックススタイルの両者は、距離の探り合いからウーゴがローキックやパンチで前に出てケージに押し込み組みの攻防へ。亀井も体勢を入れ替えるが、再びウーゴが押し込みテイクダウンし、パスを狙いつつパウンドを打っていく。試合中盤、パスの防御で半身になった亀井の背中からウーゴが亀井の腕をとり、動きを封じサイドバックから殴る。ウーゴが背後からコントロールを続けラウンド終了。ジャッジは3名とも9-10ウーゴ。

パンチを振るうウーゴ

 2R、左ハイキックを放つ亀井。しかしウーゴはプレッシャーを強め、パンチを振るい、右フックをヒットさせダウンを奪う。ウーゴは立とうとした亀井に対しすぐにタックルを仕掛け、トップをキープしポジションを優位に進めていく。ウーゴのマウント狙いに合わせ立ち上がる亀井だが、ウーゴが再度テイクダウン。亀井は下から三角締め等を狙いつつ、立ち上がる。バックについたウーゴに対し、亀井は向き合って離れるが再びウーゴがまたもテイクダウン。ジャッジは3名とも9-10ウーゴ。

 3R、プレッシャーをかけるウーゴだが、パンチを当てた亀井が前に出る。続けて前に出たところへウーゴがタイミングよくタックルに入る。グラウンドの攻防で、亀井が足関節を仕掛け、互いに足関節を狙う展開へ。ウーゴは時折起き上がりパウンドを放つ。ラウンド終盤、亀井の足関節狙いから離れたウーゴは亀井の立ち上がりに合わせてバックポジションを奪取。スリーパーを狙いつつ、向き合った亀井に対し強いパウンドを打ち試合終了。判定0-3でウーゴが勝利。

▶︎次ページは“流血のマドンナ”鈴木vsインド王族武術 法DATEの一戦

●編集部オススメ

・藤野恵実が割れた腹筋で計量パス、”無冠の女帝”返上なるか

・美女対決の鈴木万李弥「打撃でフィニッシュ」、法DATE「何が何でも勝つ」=前日計量

・【パンクラス】44歳・近藤有己「めちゃんこ頑張る!」村山暁洋との元王者対決に挑む

・【BOM】スアキム、ダウン奪われるも大逆転TKO勝利、名高、梅野も初回KOで決める

・【新日本キック】緑川創が王座防衛、ぱんちゃんがタイの美女戦士を圧倒し初KO勝利

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧