TOP > 試合結果 一覧

【レスリング】天皇賞に文田健一郎、優秀選手賞に65kg級を制し五輪内定の乙黒拓斗ら

2019/12/22(日)UP

左から受賞した乙黒、文田、屋比久、須崎

 12月22日(日)東京五輪代表選考を兼ねた天皇杯「レスリング全日本選手権2019」』4日目が東京・駒沢体育館で行われた。

 今大会の優秀選手賞にはフリースタイル65kg級で優勝し東京五輪内定を決めた乙黒拓斗(22=山梨学院大)、男子グレコローマン77kg級優勝の屋比久翔平(24=ALSOK)、女子は50kg級優勝の須﨑優衣(20=早大)が受賞した。屋比久、須﨑は3月の東京五輪アジア予選(中国)で優勝、準優勝ができれば、東京五輪代表に内定する。

優秀賞を受賞し、満面の笑みの須崎優衣

 今大会は、9月の世界選手権で5位以内となった3選手、乙黒拓斗、男子フリースタイル74kg級の奥井眞生、リオ五輪金の女子68kg級土性沙羅が今回の全日本で優勝すれば五輪代表に内定することになっていたが、今大会で五輪に内定したのは優勝した乙黒のみとなった。

 土性は準決勝敗退、奥井は初戦敗退し、来年2月に行われるオリンピックの代表決定戦で、今大会の優勝選手と対戦することになる。

決勝ではローリングを決め第1ピリオドで10-0の完勝を見せた乙黒

 初の五輪内定を掴んだ乙黒は「(世界選手権の)敗戦から学んだことが多かった。東京オリンピックで金メダルを獲れるよう頑張って行きます」と五輪内定の喜びを語った。

 決勝で乙黒は圧勝の優勝劇を見せた。中村倫也(24=博報堂DYスポーツ)に対し序盤は様子を見るが、開始2分で引き落としから後ろにまわってローリングを連続で決め10-0のテクニカルフォール勝ちで第1ピリオドで優勝を決めた。

乙黒が勝利し五輪内定、中村(左)は頭を剃り上げて挑むが2位となり五輪代表から外れた

 年間を通した最優秀選手に与えられる天皇杯は、金大会には出場しなかったが今年の9月の世界選手権を制し東京五輪に内定を決めている男子グレコローマン60kg級の文田健一郎(24=ミキハウス)が受賞した。

●編集部オススメ

・【レスリング】元世界女王の須崎優衣、全日本優勝で五輪代表に大きな一歩

・【レスリング】高橋昭五が優勝で五輪に前進、ONE参戦中の兄・遼伍と世界頂点への誓い

・【レスリング】130kg級は園田新が全日本6連覇、世界の怪物揃う東京五輪に一歩前進

・【レスリング】川井梨紗子が58kg級で東京五輪内定、伊調馨は同級代表消滅で手立ては?

・【レスリング】リオ金・土性沙羅がグラビアに初挑戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧