TOP > 試合結果 一覧

【海外ムエタイ】福田海斗、18歳の元オムノーイ王者に大接戦も判定で敗れる

2019/12/25(水)UP

「スックワンギントーン」
12/25(水)ラジャダムナンスタジアム

第6試合セミファイナル 120ポンド契約
×カイト・ウォーワンチャイ(福田海斗/キング・ムエ/ラジャダムナンスタジアムバンタム級5位/True4Uバンタム級王者)
5R判定
〇チャンユット・サックルンルアン(タイ/前オムノーイスタジアムフライ級王者)

福田(右)のヒジと相手のヒザ蹴りが交錯する。大接戦だった。

 12月25日(水)のラジャダムナンスタジアム・クリスマス興行「スックワンギントーン」セミファイナルに、ラジャダムナンスタジアムバンタム級5位の福田海斗(キング・ムエ)出場。元オムノーイ王者で18歳の若手新鋭のチャンユットに判定負けを喫した。

 試合前掛け率は3-2で福田がリード、10月のルンナライ戦、12/2のノンユット戦と一流選手との試合を続けている福田と、格下のチャンユットとの差が如実に現れたようだ。

 試合は静かな立ち上がりながら、ジリジリと福田がプレッシャーをかけチャンユットが下がる展開。下がりながら左ミドルを確実に狙うチャンユット、福田はパンチやヒジをリターンしペースを握らせない。
 第3ラウンド、福田はプレッシャーを強め前に出てワンツー、そしてヒザにつなぐ。押され気味のチャンユットはタイミングを読み左ミドルを放つが福田に縦ヒジを返され組まれてしまう。しかし、チャンユットも元王者のテクニックを見せ、福田をコカすことに成功。福田は構わず前進、左ボディがクリーンヒットしチャンユットは後退。さらにボディを追撃するところにチャンユットはカウンターのヒジ!チャンユット陣営は一気に沸き立ち大声援を送る。圧力は福田の方が勝るが、若干17歳でオムノーイのタイトルを獲得しただけあってチャンユットはかなりのテクニシャンのようだ。

相手のミドルキックにヒットを許してしまう福田

 第4ラウンド、ここでチャンユットも前に出て勝負をかける。遠い間合いから右ヒザ、福田のパンチにはパンチで対抗し打ち合いに。首相撲では福田を再度コカし怒涛の攻め。福田もペースがつかめずにいたがこのラウンド後半、がっちりと首相撲で掴まえてヒザを当てコーナー際にチャンユットをくぎ付けにする。このラウンド終了時で賭け率は拮抗し、最終ラウンドに勝負が決まる“チンダム”というギャンブラー好みの展開となった。

 その最終ラウンド、素早いワンツーからヒザにつなぎ手数を増やす福田。組んでの展開も優位に進めるがチャンユットも福田にヒザを蹴らせないように胸をくっ付けてブレイクを待つ。中盤、チャンユットの放った左ミドル2連打を1発目はスウェーでかわしたものの2発目を受けてしまい、この左ミドルを最後にチャンユットは間合いを取り、攻防を外す展開に。どうやらこの1発で勝利を確信したようだ。そして終了のゴング。レフェリーはチャンユットの手を挙げ、福田は判定負けを喫してしまった。

 大接戦の末、痛い黒星を喫した福田。関係者の話によると、やはり最後1発の左ミドルを受けてしまったのが敗因だという。ムエタイでは特に“チンダム”の場合、ほんの些細な動きで勝敗が決まってしまうためより高いディフェンス力やコントロール力が必要とされる。そのあたり、若くしてタイトルを獲得したチャンユットが一枚上手であったか。

 12月2日(月)と25日(水)、3週間間隔での2連戦は連敗となってしまったが、2019年は11戦5勝6敗とタイ人選手の中でも多い試合数をこなした福田。それもほとんどトップクラスの選手ばかりで、試合順もメインやセミでの出場であることを考えると見事な実績と言えるだろう。2020年もどんどんトップ戦線に食い込んでいってほしいものだ。

 レポート提供:キングムエ

●編集部オススメ

・福田海斗がルンピニー現役王者ルンナライからTKO勝利、現地での王座奪取を誓う

・ぱんちゃん璃奈、宇宙人ヘアで計量パス「心はクレイジーに、頭はクレバーに戦う」

・40歳ラジャダムナン初戴冠の石毛慎也、挫折を超えた10年目の栄光

・【BOM】スアキム、ダウン奪われるも大逆転TKO勝利、名高、梅野も初回KOで決める

・【BOM】20歳になった天才ムエタイ少女・伊藤紗弥と奥脇奈々が計量パス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧