TOP > 試合結果 一覧

【ボクシング】宮尾綾香、オーバーハンド好調も多田を攻めきれず王座戦はドロー

2020/01/28(火)UP

宮尾(左)と多田の元王者戦は引き分けでタイトルもお預けに

 1月28日(火)後楽園ホールで『WBO女子世界ミニマム級(47.6kg)王座決定戦』が行われ、元3団体女子世界ミニマム級王者・多田悦子(38=真正)vs元WBA女子世界アトム級王者・宮尾綾香(36=ワタナベ)は判定1−1(96-94、94-96、95-95)のドローとなった。

宮尾のオーバーハンドブローが多田に度々ヒットした

 佐伯霞が獲得したWBOのベルトが返上され、元王者同士がそのタイトルを争ったが、王座は空位のままとなった。

 長身でサウスポーの多田は序盤から圧力をかけ右のジャブから左ストレートを出していく。始終圧力をかけたのは多田だったが、2R目から、長身の多田対策に練習して来た宮尾のボディブローが入り始める。以降も多田の圧力に対し、宮尾は足で動いてトリッキーに出入りし、右のボディストレート、右のオーバーハンドブローをヒットさせ離れるという軽快さを見せる。

多田の左ストレートがクリーンヒットする

 時折、多田は右のジャブからの左をクリーンヒットさせ追い上げるも、宮尾の動きは変わらず好調のオーバーハンドブローをヒットさせる。多田はジリジリ詰めるが、軽快な動きの宮尾は徐々にペースを作った。7Rから多田の攻撃にガード中心になる場面もあったが、9R終盤には宮尾の右がクリーンヒットし場内が沸く。
 最終の10ラウンドになると多田が足を使って動き、宮尾が距離を詰めてアグレッシブに攻めたが最後は打ち合いの中で多田の左フックが宮尾の顔面をかすめて終了。判定は引き分け。ペースを掴んでいた宮尾はリング上で涙ぐみ四方に礼。王座は持ち越しとなった。

 多田は試合後に練習で右太ももを肉離れし、回復を考慮しながら調整したが、足に力が入らなかったと語った。宮尾は攻めきれなかったことを悔やみ再戦を望んだ。

●編集部オススメ

・【ボクシング】世界戦に挑む宮尾綾香vs多田悦子、東洋王座戦へ元極真世界女王の谷山佳菜子も計量パス

・【ボクシング】井岡一翔ら世界戦ラウンドガール、大晦日ビキニも「会場の熱気で平気」

・【ボクシング】奥田朋子、元キック女王の谷山佳菜子との再戦制し日本&東洋王者に

・【キック】美しき女王対決は谷山佳菜子に軍配、陣内は3度目の正直ならず

・ぱんちゃん璃奈が『週プレ』でグラビアに挑戦「大人セクシー見てくださいませ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧