TOP > 試合結果 一覧

【ラウェイ】長島☆自演乙☆雄一郎、ミャンマー選手の止まらない攻撃にTKO負け

2020/02/23(日)UP

東はまたしても時間切れ引き分けとなった

▼第4試合 63.50kg
△東修平(AACC)
引き分け
△トゥン・リン・アウン(TUN LIN AUNG/ミャンマー)

頭部から出血する東

 このラウェイ戦で優勢な内容こそ多いが、出血のアクシデントによる試合続行不可能や、時間切れによる引き分けで勝利に恵まれない東。今回は開始早々、大胆に飛び掛かってアウンを思わずたじろがせるスタートとなった。これでアウンは腰が引け気味になったが、20戦11勝9分と負けのない試合巧者ぶりを発揮し、パンチを放ちながら食い下がっていく。それでも東優勢の展開は明白だったが、第1ラウンド終盤、東は頭突きを放って自分の頭部から出血を被ってしまった。この出血が止まらないことに、アウンは自信を持ったのか、東の顔面に何度もアッパーを打ち込み、東がドクターストップか、アウンがノックアウトかというスリリングな状況に陥らせた。基本的にうずくまり気味な姿勢のアウンに対し、中盤から東は飛びヒザ蹴りが有効だと見出し、これを連発しつつも多角的に攻めたが、今度は左目じりをカット。

 第4ラウンドに入るとアウンはアッパーのみならず、ストレートも勇敢に打ち込み、出血の激しい東は第4ラウンド終了直前に思わずタイムを利用した。アウンも左耳や右目じりから出血。このまま両者は臆することなく戦い続けたが、東曰く「アウンが、これまでのどの対戦相手よりも頑丈だったため」、流血戦に勝負は結局つかずに時間切れとなった。


パンチを応酬する真虎斗(右)とソウ・シュエ(左)

▼第3試合 60.00kg
○真虎斗a.k.aBASTA(Team BASTA)
KO 2R ※右ローキック
●ソウ・シュエ・レイ(SAW SHWE LAY/ミャンマー)

2R、ソウ・シュエの右ヒジを振り下ろされた真虎斗が出血

 パンチの応酬となる試合展開で真虎斗が第1ラウンドから左フックで1度目、右アッパーで2度目のダウンを奪い、圧倒的に優勢な序盤となった。最初のダウンではすぐにレフェリーがカウントに入ったが、2回目は立ち上がれないソウ・シュエを見てダウンを取り始めた。2回目のダウンでソウ・シュエはタイムを利用。残り時間が3秒だったため、規定により、第2ラウンドにこの3秒が追加される形で第1ラウンド終了となった。

 第2ラウンドは展開が急変した。必死で反撃するソウ・シュエが真虎斗の脳天に振り下ろした右ヒジで、真虎斗は頭部から出血。慌てた真虎斗陣営がタイムを利用することになったのだ。焦った真虎斗は怒涛の攻めを行うと右ローキックでソウ・シュエがキャンバスに沈んだ。ソウ・シュエはトレーナーに肩を担がれなければ会場から帰れぬほどのダメージだった。

●編集部オススメ

・長島“自演乙”ら関西チームvs強豪ミャンマーチームが計量パス、明日への決意語る

・長島”自演乙”がラウェイ初挑戦の理由は、武道家としてのこだわり

・【ONE】平田樹のドラゴンボールキャラが話題に=那須川天心、ドネアらも大好き

・【BBJ】グラドル白川未奈、柔術、そして筋トレに励み135kg挙げるパワーをプロレスにつなぐ

・【ラウェイ14】東が流血の激闘もドロー、渡慶次はKO勝利、唯我は女王ユリアのパンチで鼻骨骨折の疑い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧