TOP > 試合結果 一覧

【修斗】のび太弟・内藤頌貴が強烈パンチで圧巻のTKO勝利

2020/03/21(土)UP

内藤(右)の連打が次々と渡辺の顔にヒットした

サステイン
『プロフェッショナル修斗公式戦 MOBSTYLES 20th ANNIVERSARY TOUR FIGHT&MOSH Vol.2 Supported by ONE Championship』
2020年3月21日(土)東京・渋谷TSUTAYA O-EAST

 本大会は多くのファイターをサポートしているファイトギアブランド「MOBSTYLES(モブスタイルス)」とプロフェッショナル修斗のコラボイベント。同ブランドの20周年を記念して行われた。

▼メインイベント 第6試合 フライ級5分3R
〇内藤頌貴(同級世界4位/パラエストラ松戸)
TKO 1R 5分00秒 ※レフェリーストップ
●渡辺健太郎(同級世界8位/TK68)

終盤、内藤(右)は連打で一気にまとめる

 内藤は元ONE王者・内藤のび太の実弟。粘り強いタックルを武器とするグラップラー(寝技主体の選手)の兄のび太とは対照的に、駆け引き無しの真っ向勝負で会場を熱くするストライカーである。
 昨年10月に日本で開催された「ONE Warrior Series 8」に参戦。アレックス・シルドの鼻を折り判定勝利を挙げ、兄とは違う持ち味をONE関係者に見せつけた。

渡辺(左)もダウンしながら打ち返す

 対する渡辺は大阪の「Shooto BORDER」を主戦場とするストライカー。2012年から2017年頃までは年1回程度の試合出場を続けていたが、2019年から出場期間が増加。修斗世界ランカーとして更なるランクアップを目指す。

 1R、お互い距離を保つも、内藤はじわじわと圧力をかけ、時折、激しい打ち合いが展開される。内藤がサウスポーに構えて右ローや左ミドルを走らせ、内藤のパンチに渡辺はカウンターのフックを狙っていく。

内藤の左フックで前のめりにダウンする渡辺

 ラスト20秒で内藤が左ハイキックをヒットさせると、負けじと渡辺が距離を詰め、入ってきたタイキングで内藤が右フックをジャストミートさせると、渡辺がダウン。

 立ち上がるが、内藤が距離を詰めパンチをまとめると、何度も顔面にヒットし渡辺はダウン。渡辺は、それでもすぐに起き上がり、パンチを打ち返すタフさを見せたが、ラウンド終了と同時に内藤が左フック一発を打ち抜き、渡辺がばったりと前のめりに倒れたところでレフェリーが試合を止めた。

勝利した内藤

 圧巻の勝利をファンに見せた内藤は「ありがとうございます。勝てました。こんな状況ですけど見に来て下さってありがとうございます。ちょっとはモヤモヤとかストレスを発散できたでしょうか。またしっかりと戦っていくので修斗で会いましょう」とコメントした。

▶︎次ページはセミファイナルの小野島vsよしずみ、ほか全試合

●編集部オススメ

・【修斗】MOBSTYLES 20周年記念大会にのび太の弟・内藤頌貴が参戦

・内藤頌貴の左でシルドが出血、判定勝利をもぎ取る(記事中段)=2019年10月

・青井人がパンチ連打で2年半ぶり勝利、石井逸人がリーグ初戦で快勝

・「Road to ONE:2nd」が4.12東京で開催、青木真也vs柔術・世羅智茂のグラップリング頂上決戦など決定

・ダレノガレ明美の柔術技動画が話題に「絞め技と投げ技が得意」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧