TOP > 試合結果 一覧

【ONE】人材発掘リーグ、ウォーリアシリーズ「日本VS世界」で日本は勝ち越しの7勝6敗

2019/10/05(土)UP

工藤(上)が粘り強くグラウンドで主導権を握り無敗のオルシムを撃破

ONE
『ONE Warrior Series(OWS)8.日本VS世界
2019年10月5日(土)東京・ベルサール渋谷ガーデン

 ONE100回大会(10.13両国)を記念し、それに先駆けて日本で初開催されたこの人材発掘リーグは、試合内容、戦績により10万米ドル(約1千万円)の契約金とONE“本戦”への出場権が与えられることから、世界を目指す若手中心の格闘家30名15カードで熱戦を繰り広げた。

 うち、外国人同士対決1カード、日本人同士対決1カードを除くと、日本vs世界では7勝6敗で日本選手が勝ち越した。
 なお、予定されていた菅原和政とアリ・モタメド(イラン)はモタメドがビザ不取得のため試合中止となった。

▼第14試合 フェザー級5分3R
○工藤諒司(日本/TRIBE TOKYO M.M.A)
判定3-0
●ジェリー・オルシム(フィリピン)

 工藤は2017年7月のアマチュア修斗関東選手権で椿飛鳥を破り優勝。2017年10月にプロデビューし、現在まで5勝(2KO1S)1敗1分。ONE Warrior Series(以下、OWS)初参戦となる。対するオルシムは6戦全勝、OWS4勝の実績を持つ。

工藤(左)ウォーリアシリーズ初参戦で高度な技術戦を見せ初勝利をもぎ取った

 1R、スタンドのまま組まれコーナーに押し込まれる工藤。オルシムを倒しパウンドを落とすもすぐに脱出される。
 2R、オルシムの回転のいいフックをかいくぐり工藤がタックルへ。コーナーに押し込み至近距離でアッパーを当てる。

 3Rにグラウンドで上をとった工藤がパウンドを落としオルシムにダメージ。終盤疲れの見えるオルシムを投げテイクダウンを奪ったところで試合終了。わずかにグラウンドでの打撃で優勢だった工藤が判定勝利。本戦に匹敵する高度な技術戦を制し、工藤が強さを見せつけた。


ストライカーの内藤(左)は左のパンチでシルドに襲い掛かる

▼第11試合 フライ級(61.2kg)5分3R
○内藤頌貴(ないとう・のぶたか/日本/パラエストラ松戸)
判定3-0
●アレックス・シルド(米国)

 内藤は元ONE王者・内藤のび太を実兄に持つ。粘り強いタックルを武器とするグラップラー(寝技主体の選手)の兄のび太とは対照的に、内藤は駆け引き無しの真っ向勝負で会場を熱くするストライカーだ。
 対するは桜庭和志プロデュースのグラップリングイベント「QUINTET」の出場経験もあるグラップラー、アレックス・シルド。

グラップラーのシルド(右)もスダンディングで内藤に対抗、打撃戦を展開した

 1Rからストライカーの内藤に対し、シルドも打撃に付き合い強烈な右ミドルを打ち込む。内藤の右フックがカウンターでヒットしシルドがバランスを崩すが、シルドが組み付きしのぐ。内藤が左目から出血しチェックが入るが再開。

 2Rも打撃の展開。内藤の左右のローでシルドの左前足が赤く腫れ、左ストレートで鼻血を出す。3Rシルドがタックルを仕掛けるが、スクランブルから内藤が上になりパウンド。終盤に左ストレートをヒットさせるが決定打にはならず判定へ。打撃面で優勢の内藤が判定勝利した。


オニエディカチ(左)は得意のカーフキックでモリス(右)の足を痛めつけた

▼第15試合 ウェルター級5分3R
●デヴォン・モリス(米国)
判定0-3
○エマヌエル・オニエディカチ(ナイジェリア)

 モリスは2013年3月のデビュー戦勝利後から4連敗するも、その後4連勝と急激に調子を上げ、直近3試合はOWSで2KO1Sと全フィニッシュ。戦績は5勝(3KO1S)4敗。オニエディカチとは今年2月のOWSで対戦し、2RにパンチでKOを収めている。オニエディカチはモリスからの敗戦を含み3勝(1KO)1敗のキャリア全てをOWSで重ねている。

最終ラウンドにモリス(右)はリードジャブからのコンビネーションで追撃するが間に合わなかった

 序盤からオニエディカチのカーフキックにモリスが大きくバランスを崩す。2Rはモリスが右のストレートと前蹴りをヒットさせるもオニエディカチのカーフキックでモリスは再び大きくバランスを崩し勢いを殺される。

 しかし3Rはモリスが左ジャブからのコンビネーションを何度もヒットさせてオニエディカチが後退。モリスがペースを握ったかに思われたが、ラスト30秒前にモリスのローキックがローブローとなりインジャリータイムへ。3分の時間をとるもオニエディカチが戦意喪失し試合終了。30秒を残した時点での判定となり、中盤までカーフキックでリードを奪ったオニエディカチが判定勝利。モリスとの対戦成績を1勝1敗の五分に戻した。

▶︎次ページはリトルタイガー、ジェイク・ムラタ、吉野光の一戦

●編集部オススメ

・10月両国大会の全試合が決定、青木真也、V.V Mei、若松佑弥らが出場

・平田樹、”ONEのアイドル”リカ・イシゲに「打撃でKOし、印象を残す」

・ライト級GP決勝戦はアルバレスが負傷欠場、代役はライト級王者クリスチャン・リー

・10.13両国大会サポーターに”白戸家の兄”ダンテ・カーヴァーが就任「パンクラスと修斗を早く見たい」

・【ONE】大会サポーター松井珠理奈のファンフェス不参加を発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧