TOP > 試合結果 一覧

【NJKF】国崇がスウェーデンからの刺客を撃破、ピーター・アーツ娘も勝利

2020/03/24(火)UP

地元興行のメインで98戦目を迎えた国崇(左)が勝利

NJKF拳之会
『NJKF 2020 west 2nd』
3月15日(日)岡山コンベンションセンター・コンベンションホール

 今大会の目玉は2つ。昨年、日本人としては初めてISKAの殿堂入りを果たした国崇がスウェーデンからの刺客を迎え撃つ国際戦と、K-1で大活躍したピーター・アーツの19歳になる双子の子供たちの出場だ。

 メインに登場した国崇は、この試合がキャリア98戦目。昨年はRIZIN初出場などもあったがその試合も含めて連敗中で、1年ぶりの地元での試合に連敗脱出を期して臨んだ。
 対戦相手はISKAからの推薦を受けてスウェーデンから初来日した“アフロサムライ”ジョナサン・セライ。28歳で、戦績は27戦23勝(7KO)4敗。タイトル歴こそないが、タイを拠点に活動するアグレッシブファイターという触れ込みだ。なおこの試合はISKAムエタイルールで行われた。(取材&写真:高崎計三)

国崇が得意のボディを放つ

▼メインイベント 日本vs スウェーデン ISKAムエタイ国際戦 58kg契約 3分5R ※ヒジあり
○国崇(NJKF拳之会/WKAムエタイ世界フェザー級王者)
判定3-0 ※50-45、50-45、49-46
●ジョナサン・セライ(スウェーデン)

 1R、国崇はローを起点に攻撃。序盤から得意のボディも繰り出していき、右ストレートやバックヒジも繰り出すなど好調を感じさせる。ジョナサンはロー、ミドルを中心に応戦し、接近戦になるとヒザを出してくる。

キックを繰り出すジョナサン

 2R中盤には早くも国崇のローが効いた様子で、3Rに入ると、国崇はヒジでジョナサンの生え際のあたりをカットすることに成功。4Rには距離を詰めてのボディでジョナサンの動きが落ちると、国崇は再びバックヒジを繰り出し、さらにハイキックもヒット。国崇の攻勢が続くが、ジョナサンも諦めた様子はなくパンチを返す。

 最終5R前半、攻め込まれながらもタフさを見せるジョナサンに、国崇はやや攻めあぐねたか手数が減るが、ボディを機に後半は再び攻勢に。押し続けたまま試合終了のゴングが鳴った。

国崇が判定勝利

 判定はジャッジ2者が50-45、1者が49-46というほぼ一方的な内容で国崇が勝利。98戦目を勝利して勝利数を55とするとともに、地元興行では負け知らずの12勝目。連敗は4で止めたが、昨年に続いて倒しきれなかったことについては苦笑いを浮かべた。

 勝った国崇は「やりにくい相手ではなかったし、ローなどが効いている手応えもありましたが、出してくる攻撃が軽くて、『どこかで強いのを出してくるんじゃないか』と警戒してしまって」とコメント。あと2試合と迫った100戦目に向けては「デビューした時、『100戦しよう!』とか目指してやってきたわけではないですからね。一つの節目ではありますけど、今は早くそこは越えたいという気持ちです。その先もあるので」と語った。

 記念試合となる100戦目に関しては、年内に国内で開催の方向で調整中だ。

▶︎次ページはピーター・アーツの双子の長男・長女の試合

●編集部オススメ

・98戦目の国崇にセライが挑発「首を洗って待ってろ」=3.15NJKF

・世界初のS1女子トーナメントが開催決定、☆SAHO☆、梅尾メイらが王座を争う

・ピーター・アーツの息子と娘がプロになって再来襲、日本人撃破に自信(動画あり)

・ピーター・アーツ息子が父譲りの右ストレートでTKO勝ち

・【4.5 DEEP KICK】ミネルヴァ女王・Ayakaの対戦相手が原口健飛の弟子・小林愛理奈に変更

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧