TOP > ニュース 一覧

【ムエタイ】98戦目の国崇にセライが挑発「首を洗って待ってろ」=3.15NJKF

2020/03/10(火)UP

国崇(右)にセライが挑発的な発言で意気込んだ

 3月15日(日)岡山コンベンションセンターにて『NJKF2020 west 2nd~』が開催される。
 この興行のメインでは日本vsスウェーデンISKAムエタイ国際戦58kg契約が行われ、98戦目を迎える大ベテラン、WKAムエタイ世界フェザー級王者の国崇(39=拳之会)がジョナサン・セライ(28=スウェーデントップチー)を迎え撃つ。

 セライは長いリーチを生かしたヒザ蹴り、ヒジ打ちを得意とするアグレッシブな選手で、戦績は2723勝(7KO)4敗。

「MAXムエタイ」でこのボディブローでKO勝利する国崇(19年2月)

 国崇もパンチやヒジ打ちを得意とするが、セライは「ヒジで決める」と豪語。さらに「首を洗って待ってろ」と挑発的だ。

 迎え撃つ国崇は、「いつでも挑戦者だと思って戦っている」と謙虚なコメント。しかし「若い子には負けたくない」と語り「今年は100戦目に向けての年、モチベーションはすごく高い」と燃える。さらに「『MAXムエタイ』のベルトを獲りに行きたい」と意気盛んだ。

 国崇は前戦の今年1月、ベルギーで、かつてISKAムエタイ世界タイトルを争いKO勝ちしたヤッシーン・モゥタチ(ベルギー)と戦い、判定でリベンジを許してしまった。しかし、タイのビッグマッチ『MAXムエタイ』に国崇は今まで5回参戦しており、うち3勝の全てがKO勝利だ。スウェーデンの強豪を破り、MAXムエタイ王座戴冠に向け弾みをつけられるか。

▼メインイベント 日本vs スウェーデン ISKAムエタイ国際戦 58kg契約 3分5R ※ヒジあり
国崇(NJKF拳之会/WKAムエタイ世界フェザー級王者)
vs
ジョナサン・セライ(スウェーデン)

☆この試合のその他対戦カード、スケジュール

●編集部オススメ

・【ムエタイ】国崇が一撃初回KO勝ち「これがあるから辞められない」

・【3.15NJKF】ピーター・アーツの息子と娘がプロになって再来襲、日本人撃破に自信 (動画あり)

・【RIZIN】急遽参戦の堀尾竜司が国崇にフルマーク判定勝利

・【ムエタイSF】福田海斗がルンピニー現役王者ルンナライからTKO勝利

・【MAキック】モハン・ドラゴンが剛腕爆発させストロング小林を豪快KO

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧