TOP > 試合結果 一覧

山根会長、王者・高橋知哉が秒殺の初防衛「次は軽・中量級トーナメント開きたい」

2020/06/01(月)UP

山根会長(左)と秒殺で初防衛を果たした高橋

 日本ボクシング連盟・前会長の山根明氏(80)が設立し、会長を務めるプロボクシング新団体、WYBC(ワールド・ヤマネ・ボクシング・チャンピオンシップ)の第2回興行が531日、京都・KBSホールで行われた。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため無観客で行われた今大会。全3試合のメインイベントは世界ヘビー級王者・高橋知哉(32BONE CRASH)と挑戦者で元WNFC世界ヘビー級王者ダニエル・ハット(ブラジル)が対戦した。

左ボディでダウンを奪った瞬間の高橋

 高橋は早々に左ボディブローで2度ダウンを奪い、第1ラウンド31秒でKO勝ちしV1を達成した。

 試合後の高橋は「ヘビー級で知名度のある選手たちを倒していきます。高橋知哉から逃げんでください。僕は誰とでもやります」と豪語。
 山根会長は「私自身も今が一番生きてきて幸せです。試合は一瞬だったが立派、よくやってくれた」と高橋を祝福し、今後については「次の大会では軽量級・中量級トーナメントを開きたい」と新たな階級の開催を示唆した。

●編集部オススメ

・山根明元会長が初興行「もう一度頑張れという神の声を聞いた」

・山根明元会長が新団体設立へ「非公認だからこそ夢を感じたんや」

・【ボクシング】山根明氏、WBSS準決勝に挑む井上尚弥を大絶賛

・山根明氏と「奈良判定」の選手が再会

・【ナイスミドル】仮面ライダーの元ショッカー、マスクを脱ぎ57歳で大暴れ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧