TOP > 試合結果 一覧

【アクセル】原口健飛がガチエキシでダウン奪取、長島☆自演乙もセーラー服で参戦

2020/08/19(水)UP

鋭い右ミドルを繰り出す原口(左)

『アクセル48太子町格闘技祭り』
2020年8月16日(日)兵庫・からから屋太子店屋外駐車場特設リング

 関西発のキックボクシングイベント『アクセル』。第48回となる今大会は、コロナ感染症対策の意味もあって、灼熱の野外リングで開催され、アクセルプロ選手たちによるスーパーエキシビションが多数行われた。判定決着は無しで、KOのみ勝敗をつける特殊なルールとなり、なかなかの豪華メンバーが名を連ねた。

頼木瞬(右)も果敢に蹴り技を放つ

 8月10日(月)の『RIZIN.23』で、元K-1スーパーフェザー級王者の大雅(TRY HARD GYM)をKOしたばかりの、天才キックボクサー原口健飛(‎FASCINATE FIGHT TEAM)が地元のホープの頼木瞬と対戦した。

 2R突っ込む頼木に上手くカウンターを合わせ、きっちりリングに這わす。大きなグローブにレガース付きのスパーだが、余裕すら感じた原口のガチのエキシは自身の実力を見せつけるものであった。


長島(右)はセーラー服で楽しくスパー

 そして元アクセルライト級王者の大原裕也と元K-1WORLD MAX日本王者の長島☆自演乙☆雄一郎がグローブで打ち合い楽しいエキシを見せた。現役引退している長島はややしんどそうだがさすがエンターティナー。最後までセーラー服で打ち合った。

 アクセル現バンタム級王者の田渕神太は極真西田道場の平井楓也と空手選手軽量級らしくスピーディーな展開を見せる。バックスピンや2段ハイキックなど大技も繰り出し会場を盛り上げた。

黒田が川島をKOした

 メインは長島自演乙の日本拳法の師匠で62歳にして、昨年末にアクセルのライトヘビー級王座を防衛した黒田昌裕とアクセル常連のライザップ川島がガチすぎる白熱した内容で大会を盛り上げた。

 この試合もやはり王者・黒田が川島をKOで倒したが、川島はくちびる裂傷してのダウンにもかかわらずナイスファイトを見せ、最後まで食い下がった。試合後、黒田は「あれほどパンチもらって立っているのは凄い」と太鼓判。川島はエキシを持って現役引退表明をした。

●編集部オススメ

・[同日開催]過激ルールの格闘空手が炎天下で開催、加藤秀学が初優勝

・【RIZIN】原口健飛、大雅を3度倒すTKO勝利で再戦に決着

・原口健飛が大金星連続の理由「人生、背水の陣」

・ラウェイで敗戦、長島☆自演乙が引退示唆「いい選手生活やったかな」

・【RIZIN】女子プロレス人気リングアナが異例のラウンドガールに、夢語る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧