TOP > 試合結果 一覧

【DEEP KICK】寺山遼冴が勝利、RISE QUEEN寺山日葵と姉弟でキック王者に「これからもっと強くなる」

2020/09/27(日)UP

ベルトを巻いてリングに立つ寺山。姉・日葵(右から3番目)や所属ジムの那須川代表(左から3番目)らも祝福

DEEP☆KICK実行委員会
『DEEP☆KICK 47』

2020年 9月21日(月・祝) 泉大津市・テクスピア大阪
※同日昼に行われた『DEEP☆KICK 46』と観客入れかえの二部構成として開催

▼メインイベント DEEP☆KICK-53kg王座決定トーナメント決勝 3分3R 延長1R
●HΛL(OISHI GYM)
判定0-3 ※25-30、26-30、26-30
〇寺山遼冴(TEPPEN GYM)
※寺山が-53kg第3代王者に

寺山が強烈な左のパンチで襲いかかる

 当初はDEEP☆KICK-53㎏級1位のHΛLと同級2位の寺山遼冴の間で王座決定トーナメント決勝が争われる予定だった。しかし、計量でHΛLが最終的に200gオーバーで失格。そのため、寺山が勝った時のみ新チャンピオンとして認められる認定戦として開催されることになった。

 試合はHΛLの減点1、グローブハンディありからスタート。前戦となった今年7月の『DEEP☆KICK 44』では痛烈な顔面前蹴りでKO勝ちを収めている寺山は、今回も気迫のこもったワンツーからの右ローでスタミナに不安の残るHΛLを削っていく。

寺山の強打で鼻血を出すHΛL

 HΛLがハイキックを狙うと、ブロックしてからのローキックやハイキックで応戦する寺山。試合の流れを変えようと、HΛLがカウンターのヒザ蹴りを打ち込もうとすると、蹴り足をキャッチして反撃を試みる。

 2Rになると、サウスポーの寺山は左でHΛLをグラつかせ鼻血を出させる。反則となるヒジ打ちをもらっても、寺山は冷静にクレームを入れて対処し、試合の流れは変えさせない。

 そして3R、寺山は左からの連打でHΛLから先制のダウンを奪う。その後、セコンドに就いた所属ジムの那須川弘幸代表からの「雑になるな」という指示通りに動き、試合終了のゴングを聞いた。

 スコアは減点分も含め、30-26(2者)、30-25で寺山。姉・寺山日葵は既に初代RISE QUEENミニフライ級王者として君臨しており、姉弟揃って王者となった。

リングインした有井渚海。11月のRISEで寺山と対戦することが決定した

 試合後、寺山は「減点がなくても勝てた試合だった。でも、自分は誰からも狙われやすい立場にいる。これからもっと強くなりたい」と力強くアピールした。

 すると、新空手勢の応援で来場していた有井渚海がリングイン。11月1日のRISE大阪大会で寺山vs有井の一戦が行われることが発表された。両者は昨年12月に初対決し、引き分けに終わっているだけに、今回は決着戦となる。

▶次ページは佐藤亮vs駿、拓磨vs大石健作、村上真基vs郁弥

●編集部オススメ

・寺山遼冴が顔面前蹴りでTKO勝ち、トーナメント決勝に進出

・有井渚海が15歳・寺山遼冴と大接戦ドロー=19年12月(記事下段)

・菅総理の空手師匠は映画「ベストキッド」のモデル、その教えとは

・【RISE】寺山日葵、紅絹、小林愛三ら女王たちが計量パス

・[9.21 昼の部]山畑雄摩が初戴冠、次はNJKF王座とRISE参戦へ、意欲語る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧