TOP > 試合結果 一覧

【DEEP KICK】山畑雄摩が初戴冠、次はNJKF王座とRISE参戦へ、意欲語る

2020/09/26(土)UP

海月に勝利し、DEEP☆KICK-63kg新王者となった山畑

DEEP☆KICK実行委員会
『DEEP☆KICK 46』

2020年 9月21日(月・祝) 泉大津市・テクスピア大阪
※同日夜に行われた『DEEP☆KICK 47』と観客入れかえの二部構成として開催

▼メインイベント DEEP☆KICK-63kg王座決定トーナメント決勝 3分3R 延長1R
〇山畑雄摩(NJKF心将塾)
判定3-0 ※30-28、30-28、30-27
●海月(D.O.T)
※山畑雄摩が-63kg第3代王者に

左ミドルを繰り出す山畑

 DEEP☆KICKでは2戦2勝の山畑と、プロ戦績5戦全勝(4KO)という海月の-63㎏王座決定トーナメント決勝戦。

 サウスポーの山畑はオーソドックスの海月に対して、1Rから左ミドルで右腕殺しにとりかかる。海月が必殺の右ストレートを繰り出すと、左にステップしたり、クリンチに持ち込んだりして、クリーンヒットを許さない。

 2R、海月が左ミドルを意識し始めると、その蹴りを打つふりをしてカウンターのテンカオを打ち込む。海月のセコンドからは「勝負しろ!」というゲキが飛ぶが、DEEP☆KICK指折りのハードパンチャーは勝負したくても勝負できる距離を作れず、3Rになっても試合の流れは変わることがなかった。

 試合後、初戴冠に成功した山畑は「NJKFの王座も狙ってみたい。RISEでは中村寛選手にボコられてみたいですね」と、ホームであるNJKFのベルトと、RISEへの参戦という、2つの野望を口にした。


勇志が主導権を握り、最後は左ハイでTKO勝利

▼セミファイナル DEEP☆KICK-57.5kg契約 3分3R
●翔磨(多田ジム)
TKO 2R 0分21秒 ※レフェリーストップ
〇勇志(真門ジム)

 当初セミファイナルでは魁斗vs直也の一戦が組まれていたが、直也の体調不良により中止に。代わって翔磨vs勇志がセミに抜擢された。

 試合開始早々、試合の主導権を握ったのは勇志。左ミドルのリターンからワンツー、さらに左ハイでじわじわと勝負の流れをたぐり寄せる。2Rになると、得意の左ハイがさらに加速。一度は蹴り足をキャッチした翔磨だったが、ドクターチェックの結果、口の中がザックリと裂けていることが判明し、勇志のTKO勝ちが告げられた。

▶次ページはDEEPKICK-57.5kg暫定王者認定式、FUJIMON♡vsクロダッシュ、小山丈一郎vs匠朗

●編集部オススメ

・[9.21 夜の部]寺山遼冴が勝利、RISE QUEEN寺山日葵と姉弟でキック王者に「これからもっと強くなる」

・“関西ジュニア最強”伊藤千飛が那須川弟・龍心との再戦も制す=20年7月

・【RISE】西岡蓮太、“鍛えまくり”な原口健飛のパワー利用し「自分のカウンターが当たれば倒せる」

・横浜流星に“一流”の刺激を受けた炎出丸「自分のキックボクシングの集大成を見せる」

・【新日本キック】モデルと二刀流のアリス、1年半ぶりの2戦目に「もう一回デビューみたい」=前日計量

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧