TOP > 試合結果 一覧

【ベラトール】元UFC強豪アンダーソンが怒涛のヒジ連打で“猛獣”マヌーフを壮絶TKO、デビュー戦完勝でタイトル戦線へ前進(動画あり)

2020/11/06(金)UP

Bellator MMA
『BELLATOR 251』
2020年11月6日(金・日本時間)
アメリカ・コネチカット州 アンカスビル・モヒガンサンアリーナ

▼メインイベント ライトヘビー級 5分3R
●メルヴィン・マヌーフ(オランダ)
TKO 2R 2分34秒 ※ヒジ連打によるレフェリーストップ
○コーリー・アンダーソン(米国)

大会4日前、家族の集合写真をSNSに投稿したアンダーソン。家族の支えに感謝しているという(アンダーソンのインスタグラムより)

 コーリー・アンダーソン(31=米国)は2度NCAAオールアメリカンレスラーとなった元UFCライトヘビー級4位の強豪。2014年からUFCに参戦し、過去2年間は4連勝と調子を伸ばしていたが、今年2月にヤン・ブラホビッチ(ポーランド/現UFCライトヘビー級王者)に1R KO負け。
 UFCを契約解除となった為、新天地を求め8月にベラトールと複数試合契約を結び、今回がベラトールのデビュー戦となる。戦績は13勝5敗。

 対するメルヴィン・マヌーフ(44=オランダ)は元Cage Rage世界ライトヘビー級王者&元IT’S SHOWTIME 85kg MAX世界王者。

マーク・ハント(下)をわずか18秒でKOしたマヌーフ(上)=2008年大みそか『Dynamite!!』

 HERO’S、DREAM、K-1 などで活躍し、その人間離れした身体能力や相手を一発でKOする豪打から“猛獣”などのニックネームで多くの日本のファンに愛された。
 昨年はベラトールで2試合に出場し連勝中だが、今回は約1年1ヶ月ぶりの復帰戦となる。MMA戦績は32勝14敗1分け2無効試合。

 1R、序盤から中央の取り合い。先に仕掛けたのはアンダーソン。パンチを振るいながらタックルを仕掛けるが、これはマヌーフがしっかりと切る。ダブルレッグでケージに押し込むアンダーソン。
 リフトアップからの派手なスラムでテイクダウンに成功すると、ハーフポジションから強烈な右パンチをマヌーフの顔面に叩き込んでいく。防戦一方のマヌーフが左腕で脇を差して立ち上がるも、再びアンダーソンがテイクダウン。
 マヌーフをケージに押し込み、パウンド、ヒジを次々に落としていく。マヌーフはここで既に肩で息をしており、なす術がない。マヌーフが立ち上がったところでラウンドが終了。アンダーソンが完全にこのラウンドを取る。

ヒジの連打でマヌーフからTKO勝利したアンダーソン(CBC Sports Networkより)

 2R、フェイントをかけながらプレッシャーをかけるアンダーソン。マヌーフがローを蹴りリズムを取ろうとするが、アンダーソンが再び組みつきテイクダウン。アンダーソンがハーフでトップポジションをキープしながらパウンドを落としていく同じ展開に。
 フィニッシュを狙ったアンダーソンが強烈なヒジを連打したところで、レフェリーが飛び込み試合を止めた。

▶︎次ページは、アンダーソンが怒涛のヒジ連打でマヌーフをTKOした映像

●編集部オススメ

・【Bellator×RIZIN】朝倉未来が大将戦でベラトールのマカパを撃破、世界レベルの実力を証明

・【ベラトール】マヌーフが加藤久輝に逆転KO勝ち

・【ベラトール】RENAが打撃で優勢も、リンジーの裸絞めに失神一本負け(動画あり)

・【ベラトール】ゲガール・ムサシがミドル王者に返り咲き、ダグラス・リマに判定勝利

・【ベラトール】“世界最恐女子”クリス・サイボーグ、自身初の一本勝ちで初防衛「本当に嬉しい!」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧