TOP > 試合結果 一覧

【MMA】“UFC王者アデサニヤを唯一KOさせた男”アレックス・ペレイラ、強烈な一撃KOで相手は数分間失神

2020/11/22(日)UP

LFA
『LFA95』
2020年11月21日(土・日本時間)

▼ミドル級 5分3R
○アレックス・ペレイラ(ブラジル)
KO 1R 4分4秒
●トーマス・パウエル(米国)

GLORY同時2階級制覇王者のペレイラ(写真は2018年のもの)

 キックボクシングのメジャー団体GLORYで団体史上初の同時2階級制覇を達成したアレックス・ペレイラ(33=ブラジル)が21日、MMA団体LFA(Legacy Fighting Alliance)でのデビュー戦で衝撃的なKO劇を披露した。

 ペレイラは過去、現UFCミドル級王者のイスラエル・アデサニヤとキックボクシングルールで2度対戦し全て勝利。2017年の対戦では、アデサニヤをKOしており、“アデサニヤを唯一KOした男”として知られている。

 ペレイラはトーマス・パウエル(米国)との試合で1R終盤、牽制の右のハイキックから、踏み込んだパウエルにノーモーションの強烈な左フック。完全に撃ち抜かれたパウエルは棒立ちの状態で前のめりにダウンし、そのまま数分間、気絶した。団体の発表によれば、パウエルはその後、健康に問題なく無事に帰宅したという。

 GLORYで活躍していたペレイラだが、4年前までMMAもやっており、今回はその復帰戦。その準備としてこの3、4ヶ月の間はUFCライトヘビー級3位のグローバー・テイシェイラ(ブラジル)と一緒に練習をしていたという。

 メジャー団体への人材育成を掲げるLFAは、多くの有望選手をUFCに送り出しており、ペレイラがアデサニヤと対戦する日はそう遠くないのかもしれない。

▶︎次ページは、ペレイラの戦慄の“一撃”シーン、対戦相手が前のめりに倒れる

●編集部オススメ

・【UFC】無敗王者・アデサニヤが2階級制覇へ、ブラホビッチとのライトヘビー級王座戦は来年3月実現か

・【UFC】男女フライ級Wタイトル戦、王者フィゲイレードが“フィニッシャー”ペレスとV1戦に、打撃戦必至の女王シェフチェンコvsマイア=11.22

・【UFC】テイシェイラ裸絞め一本で5連勝、ライトヘビー級王座挑戦をアピール(動画あり)

・【UFC】マクレガーvsポイエーが正式決定「信じられないほど多くの武器を用意してる」(マクレガー)

・UFCデビュー戦で快勝した村田夏南子、世界最強の“ヌルマゴメドフを思い出させる”と元世界王者ビスピンが大絶賛

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧