TOP > 試合結果 一覧

【GRACHAN】山本琢也がパウンド連打で鍵山雄介にTKO勝利、2階級制覇でRIZIN出場をアピール

2020/12/06(日)UP

GRACHAN実行委員会
「GRACHAN 46」
2020年12月6日(日)東京・大田区産業プラザPIO

パウンド連打で鍵山(下)を仕留めた山本(上)

▼メインイベント(第8試合) (有)プロアートpresents GRACHANフェザー級王者決定戦 5分3R
〇山本琢也(パラエストラ千葉/第2代GRACHANライト級王者)
TKO 2R 0分59秒 ※レフェリーストップ
●鍵山雄介(総合格闘技道場コブラ会)
※山本が新王者に

 GRACHANフェザー級王者・阪本洋平(T-BLOOD)の王座返上により、空位となった王座を懸けてGRACHANライト級王者・山本と鍵山が対戦。二階級制覇を目指す山本は第20回全日本アマチュア修斗選手権ウェルター級優勝の実績を持ち、14年にGRACHANでプロデビュー。4戦目で初敗北を喫したが、8戦目となった18年のGRACHANライト級王座決定戦で岸本泰昭を判定で下して王座を獲得した。

 対する鍵山はDEEPを主戦場に戦い、2017年にGRACHAN初参戦。過去に現UFCファイターである佐々木憂流迦と引き分け、ZSTフェザー級王者・奥出雅之、チェ・ドゥホから勝利した戦績を誇る。

 1R、両者打ち合いの中、山本の右ミドルをキャッチした鍵山は寝かせようとするが、上を取ったのは山本。しがみつく鍵山にパウンド、鉄槌の雨を降らせて仕留めにかかる。耐える鍵山は下からの蹴り上げで必死に抵抗するなどしたが、右目はカットし流血が見られる。

 2R、鍵山の左ハイを受けながらも前進する山本はパンチ連打。鍵山も応戦するが、組み付いてテイクダウン狙いへ。がぶって対処した山本はパウンドを連打し、鍵山が防戦一方となったところでレフェリーがストップ。GRACHAN二階級制覇した山本はRIZIN出場を目指すとアピールした。


▼第7試合 (株)リモデルプロモーション presents GRACHANウェルター級 5分2R
〇川中孝浩(BRAVE)
TKO 1R3分30秒 ※レフェリーストップ
●竹川光一郎(トイカツ道場)

▼第6試合 WOO-EAST(株)presents GRACHANライト級 5分2R
〇植田豊(リバーサルジム新宿Me,We)
判定3-0 
●藤村健悟(フリー)

▼第5試合 TAC presents GRACHAN70.8㎏以下契約 5分2R
△岸本篤史(BRAVE)
ドロー 判定1‐1
△村田俊(ノースキングス)

▼第4試合 コーセーリトル presents GRACHANバンタム級 5分2R
〇善司郎(総合格闘技道場DOBUITA)
判定3-0
●今村豊(総合格闘技宇留野道場)

▼第3試合 ALIVE presents GRACHANフライ級 5分2R
△宮内拓海(TMC道場)
ドロー 判定0‐0
△新垣健司(SHIMAZILIANS/GFCフライ級王者)

▼第2試合 ㈱中丸機工presents GRACHANバンタム級 5分2R
〇YO-HEI(Brightness門馬道場所属)
判定3-0
●奥野真利(総合格闘技宇留野道場)

▼第1試合 泰樹(株)presents GRACHAN無差別級 5分2R
〇ラデック(チェコ/AACC)
TKO 1R1分48秒 ※レフェリーストップ
●ステファン(ドイツ/GODSIDEGYM)

●編集部オススメ

・メインは二階級制覇を目指す山本琢也と鍵山雄介のフェザー級王者決定戦

・“9年間無敗”阪本洋平がフェザー級王座返上、ライト級王者・山本琢也は二階級制覇目指す

・阪本洋平が圧倒防衛、白血病の友人にエール

・実況・解説アプリをMMA現地観戦で導入、ライト層にも分かりやすく=9.20

・Iカップ・くびれ作りが特技のグラビアモデルら3名が新ラウンドガールに

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧