TOP > 試合結果 一覧

【ボクシング】ゴロフキンが4度ダウンのTKO勝ち、ミドル級通算21防衛世界記録達成

2020/12/19(土)UP

ゴロフキンが4度のダウン奪うKO勝利で通算21防衛に(c)DAZN

 12月19日(土・日本時間)に米フロリダ州のセミノールハードロックホテル&カジノにて『IBF世界ミドル級タイトルマッチ』が行われ、王者ゲンナジー・ゴロフキン(38=カザフスタン)がIBF3位のカミル・シェルメタ(31=ポーランド)に4度のダウンを奪いTKO勝利で初防衛に成功した。

 ゴロフキンはこれまで3団体のミドル級王者となっており、今回の防衛で通算21防衛となった。これまで連続の最多防衛記録はバーナード・ホプキンスの20防衛と並んでいた。18年にサウル”カネロ”アルバレスに判定負けし最多連続防衛記録21を樹立することはできなかったが、昨年IBF同級王座を獲り、今回初防衛したことで通算21連続防衛となり通算ではホプキンスを抜いた。ゴロフキンは試合後のツイッターで通算21防衛記録に「ヒストリー!!!」と喜んだ。

ダウンを奪ったゴロフキン(c)DAZN

 試合は1R、圧力をかけ手数を出すシェルメタだったが、ゴロフキンはヘッドスリップ、ウィービングなどで当てさせず鋭くキレのあるパンチを返していく。調子は良さそうだ。
 ゴロフキンは終盤にボディにアッパー、レバーブローを叩き込むとそのまま左フックでゴング直前にダウンを奪う。

 2Rには右フックで2度目のダウンを奪うゴロフキン。ゴロフキンはとにかく左ジャブも左ストレートのように強力でシェルメタはゴロフキンのジャブに打ち終わりに反撃するがクリーンヒットは奪えない。
 4Rには接近戦での打ち合いで右手で脇を差した状態から左フックで3度目のダウンを奪う。

ゴロフキンがツイッターで21度目の防衛に喜ぶ

 ゴロフキンは7Rには勝負をかけたか、序盤からアグレッシブに仕掛ける。そしてカウンターのダブルの左ジャブで4度目のダウンを奪う。立ち上がり、ファイトは続けるシュルメタだが、顔は腫れ、パンチにも力はない。ラウンド終了後にレフェリーが試合を止め、ゴロフキンのTKO勝利となった。

 これで明日、サウル”カネロ”アルバレスが勝てばゴロフキンとの3度目の統一戦が期待される。

▶次のページは今回ゴロフキンが奪ったダウン&KO映像


▼見逃し配信あり
【“カネロ”アルバレスvsカラム・スミス 生中継・放送・配信情報】
2020年12月20日(日・日本時間)
配信開始10:00(DAZN)

☆カネロvsスミスのボクシング世界戦をDAZNで独占ライブ中継!
DAZN登録はこちら(1ヶ月無料)

●編集部オススメ

・【ボクシング】カネロとスミスが計量パス、18cmの身長差も予想はカネロ有利に、その理由とは=王座統一戦

・【テレビ】“カネロ”アルバレスvsカラム・スミス、ボクシング統一戦の生中継、放送、配信情報=12.20

・井上尚弥が、あのKOパンチの練習動画を公開”これは死ぬレベル”(動画あり)

・ボクシング転向のK-1王者・武居由樹、アマ8冠の中垣龍汰朗と白熱スパー動画にデビュー期待の声

・20歳の女子空手家・田渕涼香が大金星、小林愛三からダウン奪い勝利

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧