TOP > 試合結果 一覧

【修斗】キャプテン☆アフリカが田中有に1R一本勝ち、環太平洋チャンピオンに

2020/12/22(火)UP

Vクロスアームバーを極めるキャプテン☆アフリカ(右)。一本勝ちで新王者に(C)SUSUMU NAGAO/SUSTAIN

サステイン
『プロフェッショナル修斗公式戦  PROFESSIONAL SHOOTO 2020 Vol.4 in OSAKA Supported by ONE Championship』
2020年12月20日(日)メルパルクホールOSAKA

▼メインイベント(第7試合) 環太平洋ライト級チャンピオン決定戦5分3R
●田中 有(リライアブル/同級1位)
一本 1R 4分2秒 ※Vクロスアームバー
〇キャプテン☆アフリカ(総合格闘技道場コブラ会/同級2位)
※キャプテン☆アフリカが第10代環太平洋ライト級王者に

ベルトを巻き涙ぐむキャプテン☆アフリカ(C)SUSUMU NAGAO/SUSTAIN

 プロフェッショナル修斗の年内最終戦となる今大会。メインイベントは、環太平洋ライト級1位の田中と、同級2位のアフリカによる王座決定戦となった。

 アフリカは、今年7月の大阪大会で川名雄生とライト級世界王座を争うも、川名の剛腕の前にKO負けを喫した。
 今回は2大会連続の王座決定戦で、環太平洋のベルト獲得に挑み、1Rで田中にVクロスアームバーを極めて勝利。第10代環太平洋ライト級王者に輝いた。


田丸のフロントスリーパーホールドがガッチリと極まる(C)SUSUMU NAGAO/SUSTAIN

▼セミファイナル(第6試合) フェザー級5分3R
〇田丸 匠(NASCER DO SOL/世界バンタム級3位)
一本 2R 3分38秒 ※フロントスリーパーホールド
●ダイキ・ライトイヤー(修斗GYM神戸)


田上が強烈なパンチを振り落とそうとする瞬間(C)SUSUMU NAGAO/SUSTAIN

▼第5試合 フライ級5分3R
〇田上こゆる(BLOWS/世界ストロー級7位)
KO 2R 2分8秒
●永井美自戒(総合格闘技道場コブラ会)

▶次ページは有井渚海vs内藤啓人、基山幹太vs龍翔、林RICE陽太vs西川大和、中村未来vs古澤みゆき

●編集部オススメ

・【修斗】田中有とキャプテン☆アフリカが環太平洋王座戦、注目の18歳・西川大和が大阪初登場=12.20

・【RIZIN】大晦日に五味隆典vs皇治、“五味ワールド”炸裂に「五味ちゃん、酔っ払ってるんか」(皇治)

・デビュー戦で大金星のケイト・ロータス、RIZINにも意欲「経験値を積みたい」

・元修斗王者・エンセン井上、自身のジュエリー店で万引き犯を追い返す

・【柔術】所英男、ミノワマン、高阪剛ら出演の柔術バラエティー『柔術やろうぜ!』DVD発売=12.22

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧