TOP > 試合結果 一覧

【UFC】キエーザがマグニーに圧勝「コヴィントン!次戦うのはオマエだ!」

2021/01/21(木)UP

マグニーに圧勝したキエーザ(左)(By courtesy of Zuffa LLC / Getty Images)

WME-IMG
UFC Fight Night FightIsland 8
2021年1月21日(水・日本時間) アラブ首長国連邦・アブダビ/アラブ首長国連邦・アブダビ/エティハドアリーナ

【メインイベント】
▼ウェルター級 5分5R
○マイケル・キエーザ(米国)
判定3-0 ※49-46×3
●ニール・マグニー(米国)

マグニーがキエーザに打撃で応戦(By courtesy of Zuffa LLC / Getty Images)

 マイケル・キエーザ(33=米国)はウェルター級ランキング8位の猛者。レスリングのバックボーンを持ち、2013年からUFC本戦に参戦。ライト級で活躍したが、18年末に階級を落としてウェルター級に転向。
 以降、カーロス・コンディット、ディエゴ・サンチェス、ハファエル・ドス・アンジョスら強豪勢を下し、3連勝と勢いに乗っている。MMA戦績17勝4敗。勝利試合の11試合を一本勝ちする寝技師だ。

 対するニール・マグニー(33=米国)はウェルター級ランキング9位。昨年は3試合に出場し、リー・ジンリャン、アンソニー・ロッコ・マーティン、ロビー・ローラーを下し、こちらも波に乗っている。MMA戦績24勝8敗。

 キエーザが序盤からスタンドとグラウンドの全局面で積極的な攻撃。試合の主導権を握る。2Rは、キエーザがケージ側で下にしたマグニーを上からの強烈な右の肘打ちを放つなど、グラウンドを中心に優位な試合展開を運ぶ。

マウントからパウンドを振り落とすキエーザ(By courtesy of Zuffa LLC / Getty Images)

 試合中盤から体力の消耗が見え始めたキエーザだったが、3R、マグニーの前蹴りをもらうも、返しで強烈な左ストレートをクリーンヒット!
 
 最終5R中盤、スタンドの状態でマグニーが後からグラウンドに引き込むも、キエーザがスクランブルからマウントポジションを奪取。そのまま完全にトップコントロールした状態で、終了のブザー。

 キエーザはトータルで4度のテイクダウンを決めるなど、判定3049-46×3)の圧勝。連勝記録を4に伸ばした。

 試合後、キエーザはリング上で「相手のマクギーはギリギリまで自分を追い込んでくる相手と思っていたけど、超タフな相手だった。自分が試される戦いだったよ。5R全て自分のペースで押し通せなかった。まだまだ王者になるなんて言える資格はない。だけど、言わせてもらう、コルビー・コヴィントン!次戦うのはオマエだ!」と元UFC世界ウェルター級暫定王者で現在同級1位のコヴィントンに宣戦布告した。

▶︎次ページは、残りのメインカード5試合とプレリム8試合の結果

●編集部オススメ

・【UFC】元フェザー級王者ホロウェイが打撃戦で完勝「オレはUFCで最強のボクサーだ!」

・【UFC】ギャビを破った美しき柔術世界王者ダーン、ダンス&寝技映像でファン歓喜の84万再生

・【UFC】ジョン・ジョーンズのヘビー級初戦はタイトルマッチか、ミオシッチvsガヌーの勝者と激突へ

・【UFC】復帰直前のマクレガーが人身傷害の疑いで告訴される、訴訟額は数億円規模に

・【ベラトール】歴代秒殺一本勝ちトップ10発表、1位は11秒で極めた危険なあの技(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧