TOP > 試合結果 一覧

【ミネルヴァ】erika♡が百花に勝利しアトム級新王者に、Ayakaと聖愛は防衛成功

2021/02/05(金)UP

キックを放つerika♡

DEEP☆KICK実行委員会
『(株)WAONpresentsミネルヴァOSAKA』
2021年1月31日(日)テクスピア大阪

「2021年 新しい年の始まりをミネルヴァが彩る」というキャッチコピーとともに、1月31日大阪・泉大津のテクスピア大阪で開催された女子キックの祭典『(株)WAONpresentsミネルヴァOSAKA』。女子だけの単独興行は19年6月以来2度目となった。

大会に華を添えたラウンドボーイ3名。左から政所椋、伊藤千飛、野田蒼

 新春興行らしく、NJKFミネルヴァアトム級、ピン級、スーパーフライ級の3大タイトルマッチが組まれた。中でも王者・百花にerika♡が挑戦したアトム級タイトルマッチは激しい攻防の連続で、メインイベントに相応しい一戦となった。また前座ではNEXT☆LEVEL提供のアマチュア女子キックが4試合組まれ、まさに女子だけの大会となった。

 インターバル時には、アマチュアボクシングで活躍する政所椋(政所仁の実弟)、“関西最強ジュニア”伊藤千飛、K-1甲子園2020 -55kg王者の野田蒼がラウンドボーイを務め、大会に華を添えた。


erika♡がNJKFミネルヴァアトム級新王者に輝いた

▼メインイベント NJKFミネルヴァアトム級タイトルマッチ 3分3R
●百花(魁塾)
判定0-3 ※28-30、28-30、27-30
○erika♡(SHIN沖縄)
※erika♡がNJKFミネルヴァアトム級新王者に

erika♡(左)と百花

 1R開始早々、erika♡は組んでからのヒザ蹴りを放ち、そのまま百花を振り回してキャンバスに叩きつける。erika♡の身長は161cmなのに対して、百花は150cm。体格のハンディを思い切り活かした戦法だ。 

 その後もerika♡は試合のペースを握り続ける。NJKFミネルヴァでは組んでから3秒以内の攻撃は認められている。それを最大限に活かし上から覆い被さるような体勢でヒザ蹴りを打ち続ける。ややもするとケンカ腰の勢いだったが、タイトル奪取への執念が感じられた。さらに中間距離になると、erika♡は左ミドルやストレートを打ち込み、追い打ちをかける。2Rになると百花は相手の腰を持って距離を潰しヒザ蹴りを打たせない。3Rからはワンツーや右ストレートを中心に必死の反撃を試みるが、時すでに遅し。ジャッジはフルマークでerika♡の勝利を支持した。 

激しく打ち合う両者

 ミネルヴァアトム級の新チャンピオンとなった沖縄の新星は「パンチをもらってしまうと、向こうのリズムになってしまう。そうさせないためにはどうしたらいいかを考えたらプレス(首相撲)をかけるのが一番だと思った」と試合を振り返った。「あとウチ(SHINE沖縄)はムエタイのジムなので、結構蹴り込んできた。今日は蹴りを一杯出して距離をとろうという作戦を立てていました。それで相手が突っ込んできたら首相撲で何もさせない状況にさせる。百花選手の長所を全部潰して勝とうと思いました」
 昨年と比べると、かなりパワーが増した印象だったが「正直、私には丁寧なスキルがないので、フィジカルを強化し、リーチ差や身長差を活かそうと思いました」とerika♡自身も認めた。

 試合中、erika♡は差し歯だった前歯がひとつ折れたが、それよりも戴冠したことでの充実感でいっぱいの様子。「ここで終わりたくない。テクニックはないけど、もっと上でも通用する選手を目指していきたい」
 チャンピオンになったことで、今後はアトム級で首を狙われる存在になるか。 

▶次ページはダブルセミファイナルの2試合・寺山日葵が来場し挨拶

●編集部オススメ

・【キック】何と女子大会で、K-1甲子園王者らが「ラウンドボーイ」に挑戦=1.31大阪

・【シュートボクシング】MISAKIが実践練習で進化、王者・女神への挑戦とRENA引退試合の相手に立候補

・【RISE】女王・寺山日葵、全試合KOかダウン奪取の空手家・田渕涼香を逆指名「ヤバい選手が出てきた」=2.28横浜アリーナ

・ロッタンの元彼女スタンプが大きくイメチェン、刈り上げ赤髪でまるでロッカー

・【チャクリキ】”女版大仁田厚”ミス・モンゴルがキックデビュー戦でダウンの応酬に勝利、難波久美は引退試合でメッセージ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」、「」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧