TOP > 試合結果 一覧

【キック】政所仁が日畑達也にKO勝利でWBKF世界タイトル獲得、9階級のKPKB初代王者が誕生

2021/02/15(月)UP

政所がWBKF世界スーパーフライ級王者に輝いた

KPKB実行委員会
『九州プロキックボクシングvol.2』
2021年2月14日(日)福岡・アクロス福岡イベントホール

▼第10試合 メインイベント WBKF世界スーパーフライ級王座決定戦 3分5R延長1R
●日畑達也(FKDfightingsportsgym/WKBA日本&KOSスーパーフライ級王者)
KO 3R 1分22秒
〇政所仁(魁塾/RISEスーパーフライ級2位、J-NETWORKフライ級王者)
※政所がWBKF世界スーパーフライ級王者に

攻める政所仁

 日畑は昨年2月に新日本キックのリングで行われたWKBA日本スーパーフライ級王座決定戦で元日本フライ級王者・泰史を1R KOで破り、チャンピオンに輝いた。戦績は41戦20勝(9KO)16敗5分。対する政所は破壊力のあるパンチの持ち主。前戦では判定勝ちを収めている。戦績は19戦11勝(2KO)8敗。

 このWBKF(世界雪豹キックボクシング連盟)はロシアに本部を持つキックボクシングの王座認定団体で、城戸康裕、谷山俊樹、牧野智昭、元UFC世界女子ストロー級王者ヨアンナ・イェドジェイチクが世界タイトルを保持していたことで知られる。日畑と政所、どちらがベルトを巻くのか。

 1R、オーソドックスに構える政所は右ローを集中打。サウスポーの日畑は左ローで距離を探り、左ストレートをクリーンヒット。日畑は左ハイ、左ストレート、さらに左ミドルで政所を突き離すなど手数を増やして徐々にペースを握る。

 2R、圧力を強める政所に、日畑は左インロー、左ミドルと蹴り主体の攻めでなかなか政所を入り込ませない。左ストレートを被弾した政所は真っすぐに下がってしまい印象は悪い。終盤には、政所が右ストレート、バックブロー。冷静に見切る日畑も左ロー、左ストレートを当て返して一歩も譲らない展開となった。

 3R、左ストレートの日畑に、強引に距離を詰める政所が右ストレートから連打。そして右ハイで日畑からダウンを奪う。一気に乱打戦を仕掛けた政所は2度目のダウンを奪取。立ち上がる日畑だったが、ふらつくように倒れるとレフェリーがストップ。敵地で世界のタイトルを巻いた政所は「どうもはじめまして。僕はこのベルトを巻けたのは応援してくれる皆さんのおかげです。日畑選手はめちゃくちゃ強かったのでまた再戦できればいいなと思います。コロナの時期なので予防をしっかりして帰って下さい」と挨拶した。


康弘がKPKB初代スーパーライト級王者に輝いた

▼第9試合 KPKB初代スーパーライト級王座決定戦 3分3R延長1R
〇康弘(ゴリラジム)
KO 1R 2分14秒
●関幸一郎(Elephas)
※康弘がKPKB初代スーパーライト級王者に

 康弘は大和65kg王者の肩書を引っ提げて昨年11月にREBELS初出場。鈴木千裕に敗れはしたものの、会場を沸かせた。戦績は8戦4勝(3KO)4敗。リマッチを熱望しており、ここで九州2本目のベルトを引っ提げてアピールするか。対する熊本の雄、関はトーナメントで勝ち上がり今回のチャンスを得た。戦績は24戦8勝(1KO)14敗2分。念願のタイトル奪取なるか。

 1R、右ローからパンチ連打につなぐ関に、両腕ガードで前進する康弘が右ストレートでダウンを奪う。立ち上がる関に、カウンターの右フックを浴びせた康弘が2度目のダウンを奪う。なおも立ち上がって打ち合いに持ち込む関に、康弘は左ジャブを突き刺して右ストレートを何度もヒット。

 ダメージを誤魔化すようにしがみつく関に康弘が左フック。関が倒れたところでレフェリーがストップし、康弘がKO勝ち。ベルトを巻いた康弘は「知っている選手なのでやり辛さはありましたが、試合なので思いっきり行かせてもらいました。ゴリラジムの康弘、知らない人は覚えて帰って下さい。これから全国の強いやつを片っ端からやっつけていきます。もっと強くなります!」と挨拶した。


銀次がKPKB初代フェザー級王者に輝いた

▼第8試合 KPKB初代フェザー級王座決定戦 3分3R延長1R
〇銀次(Next零)
KO 2R 2分45秒
●鮫島力(種子島道場)
※銀次がKPKB初代フェザー級王者に

 銀次は前戦で破壊力満点ファイトを繰り広げ、大翔KICK57.5kg王者に輝いた。現在TENKAICHIフェザー級王座と合わせて2冠王。戦績は19戦14勝(5KO)3敗2分。対する鮫島は、第2代&第4代のPRINCE REVOLUTION-58kg王者。前戦では同王座防衛戦で勝利している。戦績は27戦15勝(7KO)12敗。チャンピオン同士の一戦で勝利するのはどちらか。

 1R、左ミドルの鮫島に、銀次は右ロー。ボディブロー連打で鮫島の動きを止めた銀次は一気にまとめるが、鮫島は耐える。終盤には銀次が右ストレートから回転の速い連打で仕掛ける。

 2R、左フックを当てた銀次はバックスピン、右ストレートと次々と攻撃を当て流れを避けると、飛びヒザ。右ハイでダウンを奪った銀次は左右の連打、左ハイ、右ハイでKO狙いへ。何とか立った状態の鮫島に、銀次は飛びヒザからパンチラッシュを仕掛けたところでレフェリーがストップした。

 KO勝ちした銀次は「これで自分は九州のベルトを3つ獲れたので、そろそろ関東に殴り込みしたいと思うのでぜひよろしくお願いします。あと、自分の仲間だった子がバイクで亡くなりました。めちゃくちゃ強くて、若くこれからの選手だったのに亡くなってしまって、今後はその子の分の想いを背負って戦うので応援よろしくお願いします」と挨拶した。

≫次ページは第7試合、第6試合、第5試合

●編集部オススメ

・キックWBKF世界タイトル戦に九州の雄・日畑達也と政所仁が激突=2.14福岡【KPKB】

・美女ファイターが“裸拳”で流血ドツキ合い!素手ボクシング大会史上最も熱狂した「ナックルマニア」の壮絶映像が公開

・青木真也が最近の“カーフキック”論争に物申す「今に始まったことではない、恥ずかしい」

・【RIZIN】朝倉未来が“堀口カーフキック”を語る、弟の完敗と認めるも「攻略方法を思いついた」

・【映画】広瀬すず、キックボクシング歴3年の腕前を映画で披露、レスラー本間朋晃をKO(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧