TOP > 試合結果 一覧

【UFC】“ヘビー級の超新星”ガーヌがランク4位の元RIZIN戦士に完勝、MMA8戦無敗に

2021/02/28(日)UP

刺すようなジャブをヒットさせるガーヌ(右)(©Getty Images/UFC)

WME-IMG
『UFCファイトナイト・ラスベガス20』
2021年2月28日(日・日本時間)米ネバダ州ラスベガス/UFC APEX

▼ヘビー級マッチ 5分5R
●ジャルジーニョ・ホーゼンストライク(32=スリナム)
判定0-3 ※三者ともに45-50
○シリル・ガーヌ(30=フランス)

 同級ランキング4位のジャルジーニョ・ホーゼンストライク(32=スリナム)はプロキック85戦76勝(64KO)の豪腕ストライカー。12年に総合格闘技(MMA)に転向し、18年にRIZINでアンドレイ・コヴァレフに勝利。19年にUFCデビューし、アンドレイ・アルロフスキー、アリスター・オーフレイムら強豪勢にKO勝利。
 昨年5月にフランシス・ガヌーにKOで敗れ、自身初の黒星を喫するも、前戦となる同年8月にジュニオール・ドス・サントスをTKOで下し再起を果たした。MMA戦績は11勝1敗。

完全に距離を支配し、ランク4位の実力者ホーゼンストライク(右)を圧倒するガーヌ(左)(©Getty Images/UFC)

 対する、同ランク7位のシリル・ガーヌ(30=フランス)は19年にUFCデビューし、現在MMA7戦全勝。前戦となる昨年12月にドス・サントスをTKOで下した。7勝利中6試合でフィニッシュ(3KO/3一本)ており、今回の試合もフィニッシュ決着が期待される。

 1R、ガーヌがサウスポー、ホーゼンストライクがオーソドックスの構え。リラックスした状態で軽いステップのガーヌ。スイッチを繰り返す。長身のガーヌはリーチ差を活かしジャブ、インローを度々ヒットさせる。
 ガーヌは右のストレートをヒットさせると組みつきホーゼンストライクをケージに押し込む。ガーヌがシングルレッグからテイクダウン成功。このラウンドはガーヌが主導権を握る。

ホーゼンストライク(右)が意地を見せる場面もあったが。(©Getty Images/UFC)

 2R、序盤から次々とジャブをローをヒットさせるガーヌ。ガーヌの距離にホーゼンストライクが内に入っていけない。徐々にプレッシャーをかけるホーゼンストライクだが、距離を詰めるとガーヌが組みつき、ケージに押しこまれる。ケージ側でのガーヌの投げに堪えたホーゼンストライクだが、試合のペースは完全にガーヌ。

 3R、ガーヌがジャブ、ロー、右のオーバーハンドでダメージを与え続ける。ホーゼンストライクは待ちのカウンター狙いの体勢で、なかなか自分から試合を作れない。

 4R、序盤、同じ展開。終始守りのホーゼンストライクに疲労の色が。ガーヌが完全に中央をとり、ホーゼンストライクがケージを背にする場面が多くみられ始める。ガーヌがジャブから右ストレートをヒット。終盤、試合を完全にコントロールしたガーヌから笑みが溢れる場面が。

 5R、ジャブ、ボディとパンチを散らし、ホーゼンストライクの手が出たところをカウンターで合わせるような素振りを見せるガーヌ。ガーヌが試合残り1分、バックポジションを奪い、投げてテイクダウン。フィニッシュとはならなかったが、大きく印象付けた。

 ガーヌが判定3-050-45)のフルマークの完勝。プロデビュー以来の無敗記録も8戦全勝とした。

●編集部オススメ

・【UFC】RIZINにも参戦のホーゼンストライクが計量パス、無敗フィニッシャーのガーヌと激突=前日計量

・【UFC】無敗アデサニヤと対戦するライトヘビー級王者ブラホビッチが勝利宣言「アイツを倒す最初の男になる」=3.7

・【UFC】“戦慄の一撃KO”ルイスが元K-1王者アリスターを次戦に再び指名!「次こそは受けてくれる」そう語った挑発的理由

・【UFC】史上最悪の計量オーバー! 失敗の理由はサーモン!?

・【UFC】ヘビー級転向のジョン・ジョーンズの“肉体改造”に黄色信号!?「こんなパンチじゃ、ヘビー級の本物は倒せない」とアンチが揶揄

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧