TOP > 試合結果 一覧

【K-1】村越優汰、吠えながら攻撃の”野獣化”した芦澤竜誠を翻弄

2021/03/21(日)UP

猛攻の芦澤(左)を返り討ちにした村越(右)

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~ K’FESTA.4 Day.1~』
2021年3月21日(日)東京ガーデンシアター

▼第11試合 スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
○村越優汰(湘南格闘クラブ)
判定3-0 (30-28、30-29✕2)
●芦澤竜誠(PURGE TOKYO)

突っ込む芦澤にミドルを合わせる村越

 村越は17年6月に第2代K-1フェザー級王座決定トーナメントを制し、王座を獲得。19年には王座を返上し、11月には熱望していた武尊との対戦が実現、持ち前の技術で武尊の強打を封じ込めるも2-0の判定負けを喫した。再起を図った20年3月『K’FESTA.3』では、レオナ・ペタスの強打にTKO負けと2連敗。同12月には山本直樹を判定で下し再起を果たしている。

 対する芦澤は「K-1の悪童」の異名のとおり、ビッグマウスと派手な試合運びで人気を博すファイター。19年6月の敗戦後、一時K-1からの引退を表明していたが、20年9月のK-1 DX企画「芦澤竜誠を殴りたいやつ、大募集」に出演し、復帰を発表。同12月には島野浩太朗との壮絶な打ち合いを制しKO勝利で復活を遂げた。

吠えながら突進する芦澤、アグレッシブに攻める

 1R、サウスポー村越の右ローに、芦澤が左フックを合わせようと振り回す。芦澤はいつもより腰を落としており、ステップが減っている代わりに、圧力をかけやすい構えだ。

 飛び込むようなストレートの芦澤に、村越が右フックのカウンター。芦澤が若干フラついたか。続いて右ミドルを蹴る村越に、芦澤がフックからヒザを合わす。しかし、さらに村越は右フックをヒットさせる巧さを見せる。
 いなしては的確に返す村越だが、ラストは芦澤がヒザからパンチで飛び込みアグレッシブに行く。

芦澤にストッピングの村越

 2R、村越の右フックの打ち終わりに、芦澤が左フックをヒット。一瞬止まる村越。さらに突っ込む芦澤だが、立て直した村越が左フックを返す。
 プレッシャーをかけて行く芦澤だが、村越は冷静に右ミドル、三日月蹴り気味の前蹴りを返して行く。

 3R、芦澤の空いた脇腹に、村越の右ミドルが入リ続ける。飛びヒザ気味に突っ込む芦澤をかわしては、村越は右フック。

ラウンドガールを務めた熊田曜子さんと

 後半、吠えながらノーガード、ロングフックを振り回し迫る芦澤のボディに、村越のヒザが何度も突き刺さる。最後まで大振りフックからの飛びヒザで吠えては突っ込む芦澤だったが、村越は下がっては的確にミドル、右フックとヒットさせ続けた。

 判定は1者が30-28、2者が30-29で村越を支持。気迫を見せた芦澤だったが、村越のテクニックの前にリベンジはならなかった。

☆この大会の全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・17年12月の初対戦時]村越優汰の蹴り技炸裂、デビュー戦を勝利で飾る

・”進化する問題児”芦澤竜誠、ゴツい肉体を自信満々に披露!相手の村越優汰を”威嚇”も

・芦澤竜誠がKO勝利で復活、倒し倒されのド突き合い制する(動画あり)

・”戦う美容師”菅原美優、念願の大舞台へ笑顔で計量パス「今までにない女子の試合を見せる」

・武尊vsレオナ、佐藤嘉洋がレオナ勝利を予想「相性がいい、武尊は何回もアゴを上げられる」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧