TOP > 試合結果 一覧

中東のMMA団体最速の“13秒”KO劇! 秒速バックハンドブロー炸裂で7戦全KO勝利

2021/04/02(金)UP

100%フィニッシュ男が中東の団体最速の“13秒”KO!(caposa公式SNSより)

 4月1日(木・現地時間)に中東バーレーン王国で開催された総合格闘技(MMA)イベント『Brave FC 50』で、団体史上最速のKO劇が起きた。

 キャッチウェイト95kgで行われたアントン・ターカリエ(スウェーデン)vsコンスタンティン・ソルダトフ(カザフスタン)の一戦。

 ターカリエはカーフやヒザへの関節げりなどを放ち、相手の意識を下に向けさせる。右のハイキックを大振りし、それにあわせて前進したソルダトフの側頭に、狙いすましたバックハンドブロー!崩れるように前のめりで倒れたソルダトフを追撃し、わずか13秒のKO勝利を飾った。

 24歳のターカリエはこれでプロ7戦全勝。全て1、2RでKOか一本で決めているから、これでフィニッシュ率100%と驚きの数字をキープした。

 映像のコメント欄には「芸術的だ!」「最高に回ってる!」とバックハンドブローを絶賛するコメントや、ターカリエがKO後に猛ダッシュで会場を走り去る様子を「最速KO、最速退場!」と、楽しむ声まで寄せられている。

▶︎次ページ(動画あり)は、中東のMMA団体最速の“13秒”KO劇、迫力のバックハンドブロー!

●編集部オススメ

・戦慄のKO劇、倒れて金網に何度か頭が跳ね返る“崩れた首振り人形”に=海外MMA

・中東で起きた“体がくの字に曲がるバスター”失神KO劇「落とす角度がヤバイ!」と慄然の声

・紳士の国イギリスらしい奇妙なKO劇!“エグイ”一撃から突然の“ペコペコ”平謝り!(

・全米人気の素手ボクシング大会で、わずか3秒の瞬殺KO劇!(動画あり)

・“ポールダンス”美女ファイターが怒涛のラッシュで“37秒”秒殺KO勝利!勝利の後は歓喜のダンス=海外MMA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

新着情報




TOP > 試合結果 一覧