TOP > 試合結果 一覧

【シュートボクシング】海人がモハン・ドラゴンからダウン奪い判定勝利、笠原友希は宮崎就斗との王者対決を制する

2021/04/10(土)UP

元スーパーウェルター級王者・坂本がヘビー級第2戦目をクリア

▼第3試合 SB日本ヘビー級(80kg~) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限
○坂本優起(シーザージム/SB日本ヘビー級2位)
判定3-0 ※三者とも30-29
●チャン(MONSTER GYM)

坂本は多彩なコンビネーションでチャンからヒットを奪い続けるも、チャンは倒れない

 元SB日本スーパーウェルター級王者の坂本は、19年2月以降4連敗を喫したのを機に、ヘビー級への大幅階級アップを敢行。昨年12月には内田ノボルに判定勝利し、ヘビー級初戦に勝利した。今回は約13kgの体重差となる107kgのチャンを迎える。

 1R、チャンが圧力を掛け左右フック。坂本は右ローをコツコツヒットさせる。パワーに勝るチャンは圧力で坂本を下がらせ、コーナーに詰めるとバックスピンキック、バックハンドと軽快な回転系を見せる。中盤から坂本は右ボディブローから左フックのコンビネーションで次々とヒットを奪う。

チャンは13kg勝るウェイトから繰り出されるパワーで坂本を追い詰める

 2R、右同士の相打ちで打ち勝ったチャンは続けてバックハンドを強振し空振り。ボディから上を返す坂本と接近したチャンがフロントチョークを見せると、坂本はバックドロップを仕掛けるが持ち上がらない。坂本が右ボディから左フック、右ローで細かくヒットを奪うが、チャンが重い右フック一撃で押し返す。

 3R、チャンが飛びヒザ、モンゴリアンチョップと軽快に攻撃。坂本の右ボディにヒザを合わせると、坂本はボディから顔面のコンビネーション。パワーのチャンに手数で応戦する。坂本は右ボディから右ヒザでチャンの腹を攻めるも、チャンはお構いなしに前進して右フック。坂本のパンチでチャンが鼻血を出すも、最後までダウンシーンが無いまま試合終了。手数でヒット数を奪った坂本が判定勝利を収めた。

▶次ページはMISAKIvs寺山日葵のエキシビション

●編集部オススメ

・エース海人「僕が倒して終わる」とKO宣言もモハン「ひっくり返せるのはモハンだけ」と自信=前日計量

・MISAKIがRISE女王・寺山日葵とエキシで対戦決定

・SB王者・笠原友希、DEEP☆KICK王者・宮崎就斗との王者対決に「ぶつかってしっかり倒す」=前日計量

・【レベルス】SB&REBELS王者・海人、改めて世界強豪との対戦をアピール「70kgでやっていける日本人選手になっていく」

・海人、モハン・ドラゴンに「この程度の選手では全く相手にならない」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧