TOP > 試合結果 一覧

【シュートボクシング】海人がモハン・ドラゴンからダウン奪い判定勝利、笠原友希は宮崎就斗との王者対決を制する

2021/04/10(土)UP

海人が凱旋のリングでモハン・ドラゴンからダウン奪い判定勝利

一般社団法人シュートボクシング協会
『SHOOT BOXING 2021 act.2』
2021年4月10日(土)東京・後楽園ホール

▼メインイベント(第7試合) 68.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限
○海人(TEAM F.O.D/S-cup2018世界王者)
判定3-0 ※三者とも30-26
●モハン・ドラゴン(ネパール/士魂村上塾/Bigbangウェルター級王者、元MA日本スーパーライト級王者)

海人は速くリズムの良い攻撃をヒットさせる

 海人は押しも押されぬシュートボクシングの絶対的エース。国内外の強豪と積極的に拳を合わせてきた。今年2月の『REBELS~FINAL~』では、日本中量級を牽引してきた日菜太と3Rを戦い抜き判定勝利。KNOCK OUT-BLACKスーパーウェルター級王者のベルトを手にした。今回がホームリングへの凱旋参戦となる。

 対するモハンはネパールからの留学生として来日し、K-1のリングに憧れてキックボクシングを始めると、12年1月にMA日本スーパーライト級王座を獲得。16年にはK-1初代ウェルター級王座決定トーナメント決勝戦で久保優太に判定で敗れるも、準優勝する活躍を見せた。長らく自身が営む料理店の経営に集中していたが、19年12月のBigbangウェルター級王座決定戦で2年3カ月ぶりの復帰。ジョージを判定で下してタイトル獲得を果たしている。

モハンの前進に合わせヒットする海人のテンカオ

 1R、プレッシャーをかける海人が青コーナーを背負ったモハンに右ボディ。モハンが大きくバランスを崩す。うなり声を上げながら大きなフックを振るモハンに、海人はするどい左ジャブから右ロー、右ハイキック。ワンツーから左ボディを突き刺す。オープンジャッジはジャッジ3者とも10-9で海人を支持。

 2R、前に出るモハンの足を払うように海人が左ローを当て、モハンが膝をつく。コーナーを背負ったモハンへフックの連打からヒザを突き上げる。強烈な左ボディを直撃されるモハンだが倒れず前進。海人はカモンのジェスチャーでモハンを呼び込み、ワンツーから左ボディ、右ヒザとコンビネーションをヒットさせる。オープンジャッジは同じくジャッジ3者が10-9で海人。

うなり声を上げながら振り回すモハンのフック

 3R、うなり声を上げながら振り回すモハンのフックに、海人は右のテンカオを合わせる。海人の鋭いワンツーを直撃されながらも、フックの回転を止めないモハン。海人は小さく左ロー、ワンツー、右テンカオと次々ヒットさせるが、ガードを固めたモハンはフックを大振りして海人にプレッシャーをかける。
 リング中央で振った右フックを受けた海人がバランスを崩し、頭がロープ外に飛び出るハプニングもあったが、海人はモハンをコーナーに詰め、ワンツーから右ヒザを突き上げる。手数が減ったモハンを追いかけ、終了間際に海人がワンツーから左フックを浴びせると、ついにモハンがダウン。ダメージをかかえたモハンが立ち上がったところで試合終了のゴングが鳴り響いた。

 判定は文句なしの海人の勝利。海人が2021年SB初戦を勝利で飾った。

今年最初のSBのリングを勝利で飾った海人

 試合後に海人はマイクを握ると「先日レベルスの最後の大会に出してもらって、レベルス最後のベルトとKNOCK OUTのベルトを持ち帰ってきました。レベルスのリングでも言わせてもらいましたが、自分は必ず世界、もっともっと強い世界の強豪と70kgで殴り合っていく覚悟を決めました。みなさん僕に力を下さい。一緒に戦って下さい」とファンに呼びかけ大会を締めくくった。

▶次ページは笠原友希vs宮崎就斗の王者対決

●編集部オススメ

・エース海人「僕が倒して終わる」とKO宣言もモハン「ひっくり返せるのはモハンだけ」と自信=前日計量

・MISAKIがRISE女王・寺山日葵とエキシで対戦決定

・SB王者・笠原友希、DEEP☆KICK王者・宮崎就斗との王者対決に「ぶつかってしっかり倒す」=前日計量

・【レベルス】SB&REBELS王者・海人、改めて世界強豪との対戦をアピール「70kgでやっていける日本人選手になっていく」

・海人、モハン・ドラゴンに「この程度の選手では全く相手にならない」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧