TOP > 試合結果 一覧

【新日本キック】勝次が伊原代表の“古希”に贈るTKO勝利、重森陽太が難敵・健太に完勝

2021/06/06(日)UP

リカルドがTENKAICHIランカー杉原にKO勝利

▼第7試合 ダブルメインイベント70kg契約 3分3R
○リカルド・ブラボ(伊原道場アルゼンチン支部/日本ウェルター級チャンピオン)
TKO 1R2分43秒 ※ドクターストップ
●杉原新也(ワイルドシーサー前橋/TENKAICHIウェルター級3位)

 リカルドはアルゼンチンから日本へキックボクシング留学している選手で、7戦7勝(5KO)と無敗のまま2018年5月に日本ウェルター級王座に就いた。長いリーチから生み出される鋭いストレートを武器にKOを量産。昨年9月に引き分けた津崎善郎を今年2月の再戦で判定撃破。4月にはイエティ達朗に左右フック連打を浴びせ1R KOで撃破した。今年3戦目となる今回はTENKAICHIから送り込まれる強豪・杉原を下し3連勝を狙う。

リカルドはヒジでカットを奪った上にパンチの連打でダウンをダッシュ

 1R、左ジャブから左ボディ、左フックから右ストレートでプレッシャーをかけるリカルド。杉原もよく手を出すが、リカルドの左縦ヒジがヒットし杉原の眉間から流血しドクターチェックが入る。

 再開後、リカルドが左右フックの連打で杉原をロープに詰めると、杉原がロープを背に崩れ落ちるようにダウン。立ち上がるも再び流血が激しくなった杉原が再びドクターチェックを受けると、ドクターが首を横に振り試合終了。リカルドが圧倒的な攻撃力でTKO勝利を収めた。


髙橋が重森が倒せなかったリュウイチをKO撃破

▼第6試合 セミファイナル62.5kg契約 3分3R
○髙橋亨汰(伊原道場本部/日本ライト級チャンピオン)
TKO 2R1分47秒 ※レフェリーストップ
●リュウイチ(FREE/TENKAICHIスーパーライト級王者)

 高橋は極真会館2019年全世界大会4位・高橋佑汰の弟で、蹴り技を得意とし11戦無敗の記録も立てた。昨年10月の健太戦では、劣勢の中、起死回生の右フックでダウンを奪い逆転勝利を収めている。

 対するリュウイチは昨年3月に剣夜を下しTENKAICHIスーパーライト級のタイトルを奪取。今年4月には重森陽太に判定負けを喫するも、持ち前のタフさで最後まで重森に食らいつく姿勢を見せた。

勝ち名乗りを受けた髙橋

 1R、両者サウスポー。髙橋が速い右ロー、右ミドルから左のカーフキック。リュウイチは早くもバランスを崩し出す。リュウイチは踏み込んだ大きな左フックを振るも、髙橋はしっかりガードし右ミドルを返す。

 2R、リュウイチが左ローから左フックと手数を増やすも、髙橋の左カーフで勢いを止められる。髙橋が左前蹴りでリュウイチをロープに吹き飛ばし、ロープを背負ったリュウイチに左ヒジを叩きつけるとリュウイチがダウン。立ち上がったリュウイチをコーナーに詰め髙橋が連打を浴びるとリュウイチはガードを固め打たれるままに。手がでないリュウイチを見たレフェリーが試合をストップ。4月に重森が倒せなかったリュウイチを髙橋が見事TKO勝利で下した。

▶次ページは、その他試合結果

●編集部オススメ

・勝次が5大会連続メインイベンターとして前TENKAICHI王者と激突、重森がベテラン健太を迎え撃つ

・[勝次の前戦]勝次がKO勝利で3連敗から脱出、アリスは突貫ファイターに悔しい黒星

・[重森の前戦]重森陽太が判定で完勝もTENKAICHI王者リュウイチのタフさを崩せず

・【Krush】ライト級トーナメント開催、“金的因縁”の堀井翼と南雲大輝が一回戦で激突=7.24後楽園

・【BOM】健太がBOM王座決定戦に出場、63kg契約で大分のNOBU BRAVELYと対戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧