TOP > 試合結果 一覧

ベラルーシ散打王者の強烈なバックスピンキックKO!タフな柔道家が一撃で悶絶=海外MMA

2021/06/07(月)UP

ベラルーシ散打王者の強烈なバックスピンキックKO!@bravemmafより

 6月5日(土・日本時間)にベラルーシ・ミンスクで開催された総合格闘技(MMA)イベント『Brave FC 51』で、圧倒的なKO劇が起きた。
 ライトヘビー級マッチで行われたワディム・ロリッチ(ベラルーシ)とクルボンショ・ヤモロフ(タジキスタン)の一戦。

▶︎【動画】ベラルーシ散打王者の強烈なバックスピンキックKO!タフな柔道家が一撃で悶絶

 ロリッチは中国格闘技・散打のベラルーシ国内王者。プロMMA戦績は2勝1敗。プロデビュー戦で敗れたものの、それ以降は全てKO勝利と勢いに乗っており、今回がBRAVE FCデビュー戦となる。
 対するヤモロフは柔道ベースで過去アマチュア大会で複数の優勝を飾っている同じくプロ4戦目の新人。今年3月に判定でプロ初黒星を喫したが、それまで全てKO勝利している。

 試合は最終3R残り40秒、ロリッチが大きく振り回すバックハンドブローをヤモロフの顔面に当てるも、ヤモロフは両手の人差指を振りながら“効いていない”と余裕のジェスチャー。

 すると、ロリッチが今度は、強烈なバックスピンキック!バチン!と大きな音を立てた破壊力ある蹴りを腹部にもらったヤモロフは、吹き飛びケージ際で、マットに片ヒザをついて苦悶の表情。ロリッチが追撃のパウンドを数発落としたところで、レフェリーが試合を止めた。

 地元ベラルーシの選手による衝撃的なフィニッシュに会場は大爆発し、実況も「これがサンダだ!」と大絶叫した。

▶︎次ページ(動画)は、ベラルーシ散打王者の強烈なバックスピンキックKO!タフな柔道家が一撃で悶絶

●編集部オススメ

・(動画あり)UFC目指す新鋭が驚愕の“72秒”パウンドKO勝利! この破壊力に相手は両脚が伸び失神=海外MMA

・(動画あり)中東のMMA団体最速の“13秒”KO劇! 秒速バックハンドブロー炸裂で7戦全KO勝利

・(動画あり)中東で起きた“体がくの字に曲がるバスター”失神KO劇「落とす角度がヤバイ!」と慄然の声

・(動画あり)筋肉隆々ローガン・ポールがメイウェザーより15kg上で計量パス、フェイスオフでは緊迫の睨み合い

・(動画あり)衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧