TOP > 試合結果 一覧

ロシア若手フィニッシャーがまたも衝撃KO!ヒジ撃ち&パウンドの連打に相手は大流血=海外MMA

2021/06/24(木)UP

壮絶なヒジ撃ちTKO劇!@caposaより

 6月21日(日本時間)にロシア連邦中南部の都市オムスクで開催された総合格闘技イベント『SFC1』にて衝撃のヒジ撃ちKO劇が起きた。
 セミファイナルで行われたウェルター級ワンマッチのアレクセイ・シュルケヴィッチ(ロシア)とジャック・ヴェロン(カメルーン)の一戦。

 シュルケヴィッチはMMA10勝の内7フィニッシュ(6KO1一本)で、現在3連勝中と勢いのあるフィニッシャー。前戦の今年5月にはロシア最大のMMA団体M-1グローバルが主催する『MMAシリーズ33』に参戦し54秒殺のKO勝ちを収めている。
 対するヴェロンは今回がプロ2戦目で、昨年8月のデビュー戦はレフリーストップによる勝利を飾っている。

 試合は1R中盤、相手をケージ側に追い込んだシュルケヴィッチがフルマウント状態。下になったヴェロンにヒジとパンチを叩き込んでいく。しっかりと上に乗られたヴェロンはブリッジや反転して逃げることができず。ガードを上げて被害を最小限に食い止めようとするが、なす術なし。

 容赦ないシュルケヴィッチの攻撃に、ヴェロンは左目上の額を大きくカットし流血。もう止めないと危険なのではと思うタイミングで、ようやくレフェリーが試合を止めた。
 敗れたヴェロンは自力で起き上がることはできたが、ふらつきヒザをついた状態。カットした箇所から大量の鮮血が滴り落ちた。

 両選手のキャリアを見ると、最初から実力差があるように見えるマッチメイク。選手の安全性を考慮した場合、レフェリーストップのタイミングの重要性を考えさせられる試合結果となった。

 1R 3分18秒のTKO勝利を飾ったシュルケヴィッチはこれで、連勝記録4(KO3)に伸ばした。

【勝者 選手データ】(2021年6月24日現在)


アレクセイ・シュルケヴィッチ(Alexey Shurkevich=29歳・ロシア)
1992年4月30日生まれ
身長:183cm/体重:ウェルター級:(77.5kg)/構え:右
戦績:11勝(7KO1一本)4敗。
備考:MMA11勝の内8フィニッシュ(7KO1一本)のフィニッシャー

▶︎次ページ【動画】は、ヒジ撃ち&パウンドの連打!相手は大流血TKO

●編集部オススメ

・無闇な“カーフキック”は危険!1R残り1秒、パンチカウンターでKOされ失神=海外MMA

・超危険なバスターKO!完全失神の相手に無慈悲なヒジ打ち追撃=海外MMA

・120kg巨漢ヘビー級モンスターが壮絶な秒殺KO!失神した相手に無慈悲なパウンドを追撃

・死角からのハイキック!マウスピースが吹き飛ぶ戦慄のKO劇=海外MMA

・【動画あり】衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧