TOP > 試合結果 一覧

【KNOCK OUT-EX】新日本キック王者・リカルドが剛腕で初回KO勝ち、壱・センチャイジムはヒジ打ちでダウン奪って勝利

2021/08/22(日)UP

リカルド(右)がローキックを蹴る、1Rで圧巻のKO勝利

株式会社 Def Fellow
『SACRED FORCE presents KNOCK OUT-EX vol.3 ~RED FIGHT~』
2021年8月22日(日)東京・新宿FACE 【1部】試合開始 12:00

▼メインイベント(第4試合) スーパーファイト/KNOCK OUT-RED スーパーウェルター級/3分3R・延長1R
●西村介佑(クロスポイント吉祥寺)
KO 1R 2分06秒 ※左フック
◯リカルド・ブラボ(伊原道場アルゼンチン支部/日本ウェルター級王者)
※吉田英司(クロスポイント吉祥寺)の欠場により、西村が代打参戦

 リカルドは破壊力満点のパンチを武器に、18年に新日本キックの舞台で日本王者に輝き、ここ最近の戦績は目を見張るものがある。20年10月には幸輝を2Rに左フックでKO、今年4月には元NJKFスーパーウェルター級王者YETI達朗に初回TKO勝利、さらに6月には杉原新也にも初回TKO勝ちを収めてその実力を示している。今回がKNOCK OUTの舞台には初見参となる。

 本来、リカルドは吉田英司と対戦する予定であったが、吉田が「感染拡大防止のため一定の待機期間を設ける必要のある選手」に該当したため欠場となった。

 代打参戦となった西村は、キャリア32戦のうち約20戦をタイのリングで行ってきた異色のファイター。本場タイ仕込みのヒジ打ち、ヒザ蹴りを武器にリカルドの牙城に挑む。

 1R、ムエタイスタイルの西村。両者ともオーソドックス構えでロー、ミドルを蹴り合う。リカルドは左右のローを走らせ右ミドルを強打、そこからワンツーで襲いかかる。西村は右ミドルを返す。

リカルドがKO勝利、西村はうつ伏せになってダウン

 すると、リカルドが左右フックを西村に叩き込み効かせると、横を向いた西村にパンチで追い討ちをかけて、左フックをクリーンヒット。西村がうつ伏せにダウンして、そのまま動くことは出来ず。リカルドが初回KO勝利で実力を見せつけた。

 勝利したリカルドは、対戦が実現しなかった吉田について「2週間前にコロナで試合できたかったのは仕方ないです。お大事にしてください」と気遣いのコメント。さらに「10月17日新日本キックで試合するので絶対KOで勝ちます。それと宮田さん、11月にKNOCK OUTで吉田選手とスーパーウェルター級のタイトルマッチしたいです」とアピールした。

▶︎次ページは壱・センチャイジムvs森岡悠樹

●編集部オススメ

・【KNOCK OUT】感染症拡大防止のため8.22昼夜大会で6選手欠場、タイで経験積んだ異色ファイターら代打参戦

・8.22 壱・センチャイジム「目標は瑛ちゃんだけ」と、小笠原瑛作戦見据え2連勝の森岡悠樹と対戦

・【RIZIN】試合までジャスト1ヶ月、ぱんちゃん璃奈「興奮と喜ぶ準備を」と自信、笑顔の写真を数枚アップ

・【KNOCK OUT】K-1創始者・石井館長も太鼓判の”超新星”龍聖「対策は何もしてない、色々試せる最後の試合になる」

・【ボクシング】バッティングでわずか16秒の王座戦、ロドリゲスが出血中止で井上尚弥「これはちょっとえぐい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧