TOP > 試合結果 一覧

【チャクリキ】柔術家のヂエゴが、プロレスラーの大和ヒロシから腕十字で一本勝ち

2021/09/28(火)UP

大和を腕十字で下した安楽ヂエゴ

ドージョーチャクリキ
『日本骨髄バンクチャリティCHAKURIKI 13 大和ヒロシの逆襲』
2021年9月23日(木・祝)東京・新宿FACE

 今大会では、格闘家のチャクリキ軍とプロレス軍の4VS4マッチのリアルファイトが行われた。

ニーオンザベリーからコントロールしたヂエゴ

 メインイベントのチャクリキ軍VSプロレス軍大将戦は、柔術家の安楽ヂエゴ(グレイシーバッハ姫路)が登場。グラップリングマッチで、プロレスラーの大和ヒロシのリマッチを受け、自身の持つICO認定グラップリングウェルター級王座の防衛戦に臨んだ。試合は終始、ヂエゴがマウントポジションを奪う展開で進み、ラウンド終了間際に腕ひしぎ十字固めを仕掛けて一本勝ち。3回目の王座防衛に成功した。ふたりは前回の大会でも対戦していたが、この時は延長までもつれる接戦となり、ヂエゴが逃げ切る形に。「次は一本勝ちを奪う」と気合いを入れていた。

安楽ホドリゴはMMAマッチで飯塚にパウンドアウト

 セミファイナルのチャクリキ軍VSプロレス軍副将戦は、ヂエゴの弟・ホドリゴがMMAマッチでプロレスラーの飯塚優と対戦。ホドリゴは飯塚を引き込んでガードポジションをキープ。だが飯塚は、上から鉄槌とパウンドで攻撃を繰り返す。何発か被弾したホドリゴが、パウンドでKO負け。兄のヂエゴは、「弟は本当は強いんです。またチャンスをください」とリング上でアピールした。

曽根修平は佐野直をローキックでKO

 チャクリキ軍VSプロレス軍次峰戦は、キックボクサーの曽根修平(チャクリキ武勇会)がキックルールでプロレスラーの佐野直をローキックでKOし、本業の強さを見せた。

 チャクリキ軍VSプロレス軍先鋒戦は、MMAマッチでプロレスラーの田馬場貴裕が椋汰(チャクリキ武勇会)から判定勝ち。チャクリキ軍VSプロレス軍の通算成績は、2VS2のイーブンに終わった。

MMAマッチデビュー戦の椋汰は、田馬場貴裕に判定負け

 また、極真拳武會の藤井将貴がキックデビュー戦に臨み、ベテランの天承山(ハイボルテージ)を1RTKOで下し、プロ格闘家として幸先の良いスタートを切った。さらにK-1で活躍したノブ・ハヤシと鈴木悟は、菊タローとのプロレスリングの3WAYマッチに挑戦して、会場をわかせた。

 格闘家とプロレスラーのコラボで持ち味が発揮されているチャクリキの大会は、今後も定期的に開催されていく。

写真提供:ドージョーチャクリキ

▼その他の試合写真は、こちら

<全試合結果>

▼チャクリキ軍vsプロレス軍④
メインイベント 第8試合 ICO認定グラップリングウェルター級選手権試合 5分3R(延長1R)
〇安楽ヂエゴ(王者/グレイシーバッハ姫路)
一本 1R 5分00秒 ※腕ひしぎ十字固め
●大和ヒロシ(挑戦者)
※安楽ヂエゴが3回目の王座防衛に成功

▼チャクリキ軍vsプロレス軍③
セミファイナル 第7試合 MMAマッチ(肘なし) 74kg契約 5分2R(延長1R)
〇飯塚優(GLEAT)
TKO 1R 4分59秒 ※パウンド連打→レフェリーストップ
●安楽ホドリゴ(グレイシーバッハ姫路)

▼チャクリキ軍vsプロレス軍②
第6試合 キックマッチ 75kg契約 3分3R(延長無し)
〇曽根修平(チャクリキ武勇会)
TKO 1R 0分52秒
●佐野直

▼チャクリキ軍vsプロレス軍①
第5試合 MMAマッチ 95kg契約 5分2R(延長無し)
〇田馬場貴裕
判定3-0 ※20-19、20-19、20-18
●椋汰(チャクリキ武勇会)

▼第4試合 極真拳武會藤井将貴キックデビュー戦 ヘビー級 3分3R(延長無し)
〇藤井将貴(極真拳武會)
TKO 1R 1分11秒
●天承山(ハイボルテージ)

▼第3試合 プロレスリング 3WAYマッチ 15分1本勝負
〇鈴木悟(TAKE IT EASY)
足四の字固めリバース
●菊タロー
※もう一名はノブ ハヤシ(ドージョーチャクリキ・ジャパン)

▼第2試合 キックマッチ アマチュア 58kg契約 2分2R(延長無し)
△竹添翔太(インスパイヤードモーション)
判定0-0 ※19-19、19-19、19-19
△中村一愛(松栄塾)

▼第1試合 異種格闘技戦 10分1本勝負
〇相澤宏使(ドージョーチャクリキ・ジャパン古河)
TKO 5分18秒 ※座り込んだ相手の頭部への蹴り→レフェリーストップ
●タイガー木原

●編集部オススメ

・キューティ鈴木がリング上で風間ルミを追悼、シングル戦激闘の2人、昨年末には歌で対決も

・【チャクリキ】キューティー鈴木杯はマドレーヌが優勝、プロレスラー・佐藤綾子が異種格闘技戦で場外乱闘の大暴れ=9.23

・【チャクリキ】”キューティー鈴木”を目指す若手中心のトーナメント開催、女子キック&異種格闘技戦も=9.23

・【チャクリキ】メイン6人タッグでK-1 JAPAN軍が勝利、入院中のアントニオ猪木に向けて“1、2、3、ダー”のエール!

・【チャクリキ】プロレスラー佐野直、MMAルールで秒殺TKO勝利、そして那須川天心戦へ応募

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

新着情報


TOP > 試合結果 一覧