TOP > 試合結果 一覧

【HEAT】中井りん、“流血のマドンナ”鈴木をパウンドアウト、アビラルが圧巻の初回TKO勝利

2021/10/18(月)UP

中井りんがパウンド連打で”流血のマドンナ”鈴木をレフェリーストップに追い込んだ

HEAT事務局
『HEAT49』
2021年10月17日(日)愛知・名古屋国際会議場 イベントホール

▼第 12 試合 スペシャルワンマッチ(非公式戦) MIX(1R・KICK/2R・MMA) 59kg 3 分 2R
ー鈴木万李弥(志村道場)
勝敗無し 2R ※レフェリーストップ(中井が鈴木をパウンドアウト)
ー中井りん(修斗道場四国)

【フォト】中井りんvs鈴木万李弥戦の激闘写真(16枚)

中井が接近してパンチを打ち込む

 中井はパンクラスのタイトルを獲得しUFCへの参戦経験も持つ。前戦は2019年10月の『DEEP JEWELS 26』で、ダイヤモンドローズ・ザ・ロケットに一本勝ちを収めた。今回が約2年ぶりの試合となる。

 対する鈴木は、空手出身でガンガン前に出て打ち合うスタイルで、17年の『HEAT 40』でブラジル王者ジェニフェル・フェハスと対戦し、鼻から大流血しながらも勝利をもぎ取ったことから“流血のマドンナ”の異名を持つ。キック戦績が8勝5敗、MMA戦績は2勝3敗でどこまで中井と対抗できるか。

 この試合は、キックとMMAのMIXルールだが、KOや一本で決着した場合にも、結果は「勝敗なし」となり、時間内に決着がつかない場合も判定も行われないが、中井の2年ぶりのパフォーマンスにも注目が集まった。

鈴木のハイキックをギリギリかわした中井

 1Rのキックルールでは、鈴木は左ジャブからワンツーを放つと中井は右ローを返す。
 鈴木はワンツー、左フック、そして上段への蹴りとアグレッシブに攻め得意の打撃で中井を追い込もうとする。さらに左の前蹴りを蹴る鈴木だが中井は下がらない。左右のフックで応戦するなど中井は引かずこのラウンドをしのぐ。

 2RはMMAルール。組んでの展開では明らかに中井が有利の戦前予想だ。中井が右のフックからタックルを仕掛けてテイクダウン。バックマウントでチョークを狙いつつ、中井が左右のフックで強烈なパウンド連打。防戦一方の鈴木にレフェリーがストップ、圧巻の展開だった。

試合後、ファンに感謝した中井

 見事な試合を見せた中井は「今回はHEATの大会に出させていただきありがとうございました。万李弥選手は強かったです。私の試合はいつも支えてくれる皆様に捧げるつもりでしています。本当に感謝しています。これからも応援よろしくお願いいたします」と語った。

▶︎次ページは【フォト】中井りんvs鈴木万李弥戦の激闘写真(16枚)

●編集部オススメ

・【HEAT】中井りんがバキバキボディで計量パス、本日2年ぶり試合は”流血のマドンナ”とMIXルール=10.17名古屋

・【HEAT】アビラル・ヒマラヤン・チーターが防衛戦でK-1ファイター藤村大輔を迎え撃つ、柔術王者イゴール・タナベがプロMMAデビュー

・【HEAT】アビラルが吉田英司を1R圧巻KO「K-1の世界王者になる」北川裕紀が起死回生の大逆転KO勝利

・[アビラルの前戦]【K-1】和島大海がダウンも、アビラルを逆転ローキックKO葬!王者・木村ミノルに挑戦状(動画あり)

・[イゴール・タナベの前戦]柔術王者・タナベがグラップリングマッチでアンディ・コングに一本勝ち

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧