TOP > 試合結果 一覧

【ホーストカップ】魁斗が泰良拓也を返り討ち新王者に、元K-1ヘビー級の中迫剛が内田雄大と迫力エキシ

2021/10/20(水)UP

飛びヒザ蹴りを繰り出す魁斗

アーネストホーストジムJAPAN
『QP PRESENTS HOOST CUP KINGS KYOTO8』

2021年10月17日(日)京都KBSホール

【NIGHT FIGHT】

▼メインイベント第7試合 HOOST CUP日本フェザー級タイトルマッチ 3分5R
●泰良拓也(PFP/HOOST CUP日本フェザー級王者)
判定0-3 ※50-48、49-48、50-47
◯魁斗(立志會舘/RKSスーパーフェザー級王者、シュートボクシング協会フェザー級2位)
※魁斗が新王者に

 今年3月の京都大会での再戦がHOOST CUPタイトルを賭けて実現。前回はカーフキックに苦汁を飲んだ泰良が地元応援団の声援を背に気合十分で入場した。

 1R開始早々、じっくり構える魁斗に対し、フットワークで動きながら早い攻撃を当てる泰良だが、魁斗もリターンの蹴りをおいてイーブンの展開。

 2R、先手を仕掛ける泰良に対し、コンビネーションをまとめる魁斗だが、泰良も左フックをあわせて動きを止める。終盤、魁斗の右ストレートが入りぐらつくが凌いで立て直す泰良。

 3Rに入ると、魁斗のパンチがクリーンヒットし始め、泰良が大きくのけぞる場面が見られる。終盤、ラッシュをかける魁斗だが泰良もタイトルへの意地でしのぎゴングに救われる。

NIGHT FIGHTに出場した選手たち

 4R、立て直した泰良の攻撃が目立つが、魁斗も綺麗な攻撃を当て、好勝負の展開。

 5R、開始早々激しい打ち合いが続くが、中盤以降、疲れの見えた魁斗に、泰良がヒットを多くし印象を挽回するが、バランスの良い攻撃が目立った魁斗が3-0の判定で勝利を手にし新王者となった。

▼「泰良拓也vs魁斗」の写真と動画
(写真はクリックすると拡大します)

 

▶︎次ページは、中迫剛vs内田雄大

●編集部オススメ

・[前回の泰良vs魁斗]緊急参戦の魁斗が泰良拓也からダウン奪い完勝

・世界震撼!最強ペトロシアンの硬直失神KOに、魔裟斗が「マジか!時代が変わった」と呆然

・魔裟斗も驚いた最強ペトロシアンの失神KO負け! 佐藤嘉洋が”まさか”の理由を語る

・朝倉未来の大喧嘩、ABEMA”1000万円企画”に「ナメたヤツがいたら、タダじゃ帰さない」

・美貌の柔道家ビロディド「体重5キロは増えた」肉付きが良い現在も好評

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧