TOP > 試合結果 一覧

【NJKF】山浦俊一がWBCムエタイ王座防衛、女子は2人の新王者誕生

2021/11/07(日)UP

真吾がKO勝利でベルトを巻いた

▼第5試合 NJKFスーパーライト級王座挑戦者決定戦 3分3R
◯真吾YAMATO(大和ジム/NJKFスーパーライト級1位)
KO 1R 1分27秒 ※左ヒジ打ち
●マリモー(キング/NJKFスーパーライト級3位)
※真吾が新暫定王座に就く。

 真吾はNJKF1位のランカーで、戦績は30戦21勝7敗2分。20年11月から3連勝を飾って今回の暫定王座戦に臨む。対するマリモーは32戦13勝18敗1分の30歳。打たれても前に出る粘り強さを武器とする。

 16年3月に両者は対戦しており、その時は真吾がヒジ打ちでTKO勝利を飾っている。

 1R、真吾が序盤から首相撲の展開に持ち込み、右のヒザ蹴りをボディへ突き刺す。さらに、コーナーにマリモーを詰めると左のヒジ打ちをヒット。

 このヒジ打ちで、マリモーが左の目尻をカットする。さらに、真吾が強烈な左のヒジ打ちをクリーンヒットさせると、この一撃でマリモーがダウン。何とか立ち上がろうとするマリモーだが、ダメージが大きく立ち上がることは出来ず。真吾が圧巻KO勝利で、暫定王座のベルトを巻いた。

 勝利した真吾は「狙っていたヒジ打ちで倒せて良かったです。まず、暫定王座決定戦でベルトが取れました。本当の王者の畠山選手と本当の王者を決めましょう。今日は王者になったのでこれから上のレベルでやっていきます。ありがとうございました」とファンに向かって語った。


▼第4試合 NJKFバンタム級王座挑戦者決定戦 3分3R
◯志賀将大(エスジム/NJKFバンタム級1位) 
判定3-0 ※30-29×2、30-28
●池上侑李(岩崎道場/NJKFバンタム級2位) 

▼第3試合 NJKF65kg契約 3分3R
◯野津良太(E.S.G/NJKFウェルター級2位) 
判定2-0 ※30-29、29-29、30-29
●ナカノ・ルークサラシット(エスジム/NJKFスーパーライト級8位)

▼第2試合 ミネルヴァ 56kg契約 2分3R
◯KAEDE(LEGEND/ミネルヴァ スーパーバンタム級2位)
判定3-0 ※30-27×2、29-27
●水野志保(名古屋JKファクトリー)

▼第1試合 NJKFフライ級 3分3R
◯吏亜夢(ZERO)
KO 2R
●玉城海優(RKA糸満ジム)

●編集部オススメ

・【NJKF】防衛戦の山浦俊一と挑戦者・久井淳平が激突! 「勝ってベルトを巻いて子どもたちと写真を撮りたい」(山浦)=11.7後楽園

・【NJKF】タイ人戦に挑む王者・波賀宙也「IBF防衛戦の練習というか勉強。ここから防衛戦にピークを持っていければ」=11.7

・【NJKF】41歳 渡辺久江、5年ぶり復帰戦で健闘も一歩届かず、祥子が巧さで競り勝つ

・【ボクシング】カネロが豪快KO!「仕留めに行った」プラントを病院送りに

・ぱんちゃん璃奈がCM出演、長い脚での豪快ハイキックで”ムダ毛マン”をKO

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧