TOP > 試合結果 一覧

【空手】全日本10連覇達成の喜友名諒「空手は一生続く、これからも鍛錬する」

2021/12/13(月)UP

喜友名が形で全日本10連覇を達成した

 12月12日、日本武道館において『全日本空手道選手権大会』(全空連主催)が開催され、東京オリンピック男子形金メダリストで先月の世界選手権でも4連覇を達成した喜友名諒(31=劉衛流龍鳳会)が前人未到の全日本10連覇を達成した。

【フォト】喜友名の迫力の気合!そして動きの名シーンの数々

 決勝は得意のアーナンを演武、力強いくキレのある突き、迫力の表情も演じ28.48点の高得点。
 対する西山走(26=大分市消防局)は初の決勝進出でパープーレンを演じ喜友名に迫る勢いで27.20点の高得点も喜友名には届かなかった。

形の強弱もしっかり表現した

 試合後のインタビューで喜友名は10連覇達成について「素直に嬉しいという気持ち。ここまでの連覇は1回も意識したことがなくて、佐久本先生(劉衛流・師範)の厳しい稽古の積み重ね、継続して1つ1つの大会への集中が、ここまで繋がっていると思う。子供たちにも継続することの大切さを感じてもらえたら嬉しい」と語った。
 今後については「空手は一生続くので、これからも鍛錬して、自分が先生、先輩方を見てきたように、自分が背中で見せられるような、そんな空手家になりたい。すぐにアジア選手権もあるので、そこに気持ちを切り替えて挑んでいきたい」と力強く宣言した。

 なお、女子形は東京五輪銀メダルの清水希容(28=ミキハウス)は出場せず、大野ひかる(29=大分市消防局)が2連覇を達成。組手では五輪で活躍の荒賀龍太郎、植草歩のエントリーがない中、男子は崎山優成が2連覇、女子では斉藤綾夏が2年ぶりの優勝を果たした。

※女子形レポートはこちら

▶︎次のページは【フォト】喜友名の迫力の気合!そして動きの名シーンの数々

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【女子形】大野ひかる全日本2連覇「五輪出られず引退も考えたが乗り越えた、高みを目指す」涙の決意

・【東京五輪】喜友名諒が形で空手&沖縄初の金メダル! 迫力の表情、気合、力強さで圧勝

・【新極真会】極真”松井派”元全日本王者・髙橋佑汰が4回戦敗退も「日本一目指す」

・半身麻痺と戦う空手家・元極真王者の桑島靖寛が「伝えたい何か」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧