TOP > 試合結果 一覧

【シュートボクシング】海人がムエタイ強豪にKO勝ち、MISAKIはダウン奪う勝利で新女王に

2021/12/26(日)UP

海人(右)がジョーにKO勝ち

シュートボクシング協会
『SHOOT BOXING 2021 Champion Carnival』
2021年12月26日(日)東京・後楽園ホール

▼メインイベント(第7試合) 70.0kg契約 エキスパートクラスルール 3分3R延長無制限R ※ヒジ打ちあり
〇海人(TEAM F.O.D/S-cup2018世界王者、前SB日本スーパーライト級王者、SB日本スーパーウェルター級1位)
KO 2R 2分08秒 ※右フック
●ジョー・FELLOWGYM(タイ)

相手の意識が飛んだ顔!海人の豪腕パンチがヒットする

 海人は当初、現在空位のSB日本ウェルター級タイトルマッチを行う予定だったが、タイトルマッチにふさわしい相手である外国人の招聘がコロナ禍の影響で難航したため、タイトルマッチは来年に延期となった。今年11月にRISEで中島将志に勝利し、現在8連勝と波に乗る。

 対するジョーはムエタイファイター。NJKFなどのリングで定期的に戦績を重ね、 昨年は地上最も過激な格闘技として知られるミャンマーの伝統格闘技ラウェイにも挑戦し、本家ラウェイ戦士とダウンを奪い合う激闘を繰り広げたばかりだ。

 1R、海人は強烈な右ローキックを何度も決めていく。カーフとの蹴り分けで、ジョーが打たれまくる。ジョーはミドルキックで反撃も、海人は右ローキック、ヒザ蹴りと完全にジョーを圧倒していく。

 2R、海人はプレッシャーをかけながら、カーフを連発。ジョーも蹴りを返すが、力が入っていない。
 海人はボディブローでジョーの動きを止め、左ヒザから右フックでダウンを奪う。

勝利し記念撮影に応じる海人

 立ち上がったジョーに、左ヒザ蹴りから右フックでダウンを奪い、レフェリーが試合を止めKO勝ち。これで連勝を9に伸ばした。

マイク握った海人は、「今年は正直、全勝しましたが、納得できませんでした。世界と渡り合えていないため、悔しい思いをしています。来年は、世界の強豪と戦いたいと思います」とアピールした。

▶︎次ページはMISAKIvs田渕涼香の王座決定戦

●編集部オススメ

・海人がバキバキに仕上げマッスルポーズ!MISAKIら全計量結果=12.26後楽園

・MISAKIがサンタ帽と水着で計量パス! 田渕涼香も負けずにマッスルポーズ=12.26

・元仮面女子・川村虹花がマッスル写真公開「素敵な広背筋」「格闘家の名残りがある」とファン絶賛

・倖田來未、LiSAに誘われキックボクシング体験「本当にしんどかった」次も興味

・【ベストファイター11月】山本美憂に逆転KO勝利したRENA、進化の理由と引退最終章・22年の展望

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧