TOP > 試合結果 一覧

【修斗】小野島恒太が藤井伸樹との激闘を制し環太平洋王者に!LDH・中村倫也と宇佐美正パトリックが初回KO勝利

2022/01/17(月)UP

小生にパウンドを放つ中村

▼第4試合 インフィニティリーグ2022女子アトム級5分2R
〇中村未来(マルスジム)
判定3‐0 ※三者とも20‐18
●小生由紀(グランドスラム沖縄A・P・P)

 中村は、これまでスーパーアトム級で戦ってきたが、新階級設立に伴い、階級を落としてエントリー、リーグの中心になると目される。今年2月に行われた『Road to ONE:4th Young Guns』では、ONEの日本人女子ホープ・平田樹に2RTKO負けするも、平田のテイクダウンから立ち上がっては打撃をヒットさせる健闘を見せた。7月には女子世界スーパーアトム級次期挑戦者決定戦でSARAMIにTKO負けを喫している。

 対する小生はグラップリングの大会で多くの一本勝ちを収める極めの強さと、アマチュアキックの大会でも勝利するスタンドの実力を併せ持つオールラウンダー。今年5月の修斗では澤田千優と引き分けている。

 1R、足技を交錯させる中、小生が引き込むように下になると中村がサイドポジションから終始抑え込む展開。下の小生は足を絡ませて防御するのみ。

 2R、中村は左ストレート、後ろ廻し、左ハイと力強い攻撃。小生はタックルを仕掛けるも、これを潰した中村がパウンド。スタンドに戻ってもパンチ連打で攻め続ける中村の前に、小生は背中を見せて逃げる場面も見せ印象は悪い。最後まで気持ちを前面に出して攻め続けた中村が判定勝ちした。

 


グラウンドで圧倒する杉本

▼第3試合 52kg契約5分2R
〇杉本恵(AACC)
判定3‐0 ※三者とも20‐18
●ソルト(マルスジム)

 インフィニティリーグ2019で優勝した実績を持つ杉本が、プロデビュー戦のソルトと対戦。

 1Rから杉本が両足タックルを仕掛けてテイクダウン。ソルトに立ち上がられてもしつこく組み付いてタックルを仕掛けていく。杉山が攻め続け主導権を握るラウンドに。

 2Rもしつこく杉山がタックルからテイクダウン狙い。防ぐのに生いっぱいのソルトに対し、終了間際に杉本がバックからチョークを極めかけたが時間切れ。杉本の判定勝ち。


▼第2試合 フェザー級5分2R
●木下タケアキ(和術慧舟會HEARTS)
KO 1R3分53秒 ※左フック
〇工藤圭一郎(グランドスラム沖縄A・P・P)

▼第1試合 ストロー級5分2R
〇阿部マサトシ(AACC)
判定3‐0 ※三者とも20‐18
●牧ヶ谷篤(和術慧舟會群馬支部)

<中止カード>

▼第7試合 フライ級5分3R
関口祐冬(修斗GYM東京)
vs
内田タケル(パラエストラ松戸)

▼オープニングファイト フライ級5分2R
佐々木駿友(T-GRIP TOKYO)
vs
森田興希(パラエストラ松戸)

●編集部オススメ

・平良達郎がアメリカのMMAエージェントと契約、UFC世界王者を目指す「沖縄から、日本から、世界の頂点に!」

・【動画あり】香港女子、強すぎる連打で秒殺KO! UFCを目指す=INVICTA

・【動画あり】“顔面ヒザ蹴り”で失神の相手にパンチ連打! 元ムエタイ世界王者の無慈悲な21秒KO劇=LFA

・K-1ガールズでも活躍、川瀬もえが日本一のレースクイーンに! 史上初の新人賞&グランプリのW受賞

・【フィットネス】“剣道女子”国際線グランドスタッフがビキニで美ボディを披露、筋肉コンテストで初優勝

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧