TOP > 試合結果 一覧

【イノベーション】元NJKF王者TAKAYUKI、再起狙う若手に豪快なダウン奪い圧勝!

フォロー 友だち追加
2022/02/28(月)UP

井上(左)にヒジを見舞うTAKAYUKI(右)

Japan Kickboxing Innovation
『Resistance-5』
2022年2月27日(日)東京・ゴールドジムサウス東京ANNEX

▼第8試合 ジム対抗戦 57.5kg契約 3分3R ※ヒジあり
●井上竜太(Hardworker/INNOVATIONフェザー級3位)
判定0-3 ※26-30、26-30、27-30
〇TAKAYUKI(REV)

 2018年10月にプロデビューして以降、11戦負けなしの井上だったが、昨年6月のシュートボクシングで手塚翔太に初敗北を喫し昨年8月には現KNOCKOUT王者・龍聖に敗北するなど現在3連敗中。弱冠20歳の井上、ここで再起し更に伸びていきたいところだが、相手は元NJKFスーパーバンタム級王者のベテランTAKAYUKI(=金子貴幸)だ。

 1R、左ロー、左ミドルでプレスをかける井上に、下がりながらもTAKAYUKIは右ロー、パンチ連打で応戦。

 2R、気持ちを前面に出すように右ローからパンチにつないでガンガン圧力をかける井上だが、TAKAYUKIはリーチ差を活かした左ジャブを突き刺してパンチ連打にヒジを交ぜてペースを掴む。

TAKAYUKIは右ストレートで仰向けにバッタリ倒れる井上

 最終の3R、前に出続ける井上に、TAKAYUKIは右ストレートをクリーンヒットさせダウンを奪う。井上はバッタリ仰向けに倒れる。立ち上がった井上だが、一気に連打を仕掛けたTAKAYUKIはスタンディングダウンを追加。さらにTAKAYUKIはトドメをさしにいくが、ここで時間切れ。大差を付けてTAKAYUKIが判定勝ちを収めた。

▶︎次ページはムエタイ二冠王のジョムラウィーが圧勝

フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【イノベーション】マサ佐藤、橋本悟との王者対決を制す、大谷翔司はKO防衛

・【K-1】天心戦に向け“進化”見せた武尊「体重を落としたことで、キレも上がった」

・【K-1】極真世界王者・与座優貴、K-1王者・朝久泰央にノンタイトル戦で勝利「次ベルトを賭けて再戦してください」

・【修斗】“グラマラスなクリエイター”宮藤あどね、初代アンバサダー就任に

・注目のGカップ”美ボディ”グラドルは何とキックボクシング女子、試合参戦の過去も

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧