TOP > 試合結果 一覧

【修斗】岡田遼が安藤達也にKO負けで 世界王座陥落、西川大和が7連続フィニッシュ勝利でRIZIN日本人狩り宣言

2022/03/21(月)UP

安藤(左)が岡田をKOして王座奪取に成功した

【修斗】北米帰りの岡田遼が、安藤達也に右フックで衝撃のKO負け! 世界王座陥落で新王者誕生

サステイン
『プロフェッショナル修斗公式戦
PROFESSIONAL SHOOTO 2022 Vol.2』

2022
321日(月・祝)東京・後楽園ホール

▼メインイベント(第9試合) 世界バンタム級チャンピオンシップ5分5R
●岡田遼(パラエストラ千葉/王者・2度目の防衛戦)
TKO 2R 0分53秒 ※レフェリーストップ
〇安藤達也(フリー/挑戦者・同級1位)
※安藤が新王者に

 現世界王者の岡田は、フライ級世界王者平良達郎と1ヵ月に渡る北米キャンプ参加のために渡米。元RIZINバンタム級王者でUFCにも参戦するマネル・ケイプらとも練習を重ねた。安藤との対戦を考えても、フィジカル的に勝る外国人選手とのトレーニングは理にかなっており、さらに磨きを掛けて帰国することとなった。

 対する安藤は、全日本レスリング選手権2位などの実績をベースにするファイター。昨年9月の自身の持つ環太平洋タイトル戦でインフィニティリーグを制した石井逸人をほぼ完封で勝利し、初防衛に成功。攻めどきを見誤らず的確に技を叩き込む格闘センスは見せて、安藤の強さが目立った一戦となった。

岡田がフックをくらいグニャリ、崩れ落ち尻餅を着く瞬間

 両者は2019年9月に一度対戦しており、当時、岡田が保持していた環太平洋タイトルを掛けて対戦。一進一退の攻防が続く中、岡田が放ったエルボーが安藤の後頭部に入り減点に、3者3様のスプリットドローと終わった。今回は、どんな結末になるのだろうか。

 1R、岡田はカーフキック。安藤はフェイントを入れながら、左ストレートをボディと顔面へ。もらいそうになる岡田だが、崩れない。カーフを蹴っていく岡田。安藤はダブルレッグ。これを切ると、岡田はバックに回る。ケージに押し付けてテイクダウンを狙うが、ここは安藤が耐える。再びスタンドの打撃の攻防が続き、攻守が激しく入れ替わる展開となる。

 2R、岡田はカーフキック。再び打撃の交換になるかと思われたが、安藤は距離を図りながらカウンターの右フック。これがクリーンヒットし、岡田が尻もちをついてダウン。そのまま安藤はパウンドを落とし、レフェリーが試合を止めた。
 
 安藤はケージに登ったり、駆け回って大騒ぎ。マイクを握ると、「オッズでは俺が負けると予想する人が多かった。 俺のことを信じてくれたファン、ありがとう」と挨拶した。

▶︎次のページ「西川大和が山田崇太郎に一本勝ちで7連続フィニッシュ勝利」

●編集部オススメ

・【修斗】岡田遼が安藤達也との打撃戦をドロー防衛(環太平洋チャンピオンシップ)

・青木真也がブチ切れケージへ乱入!対戦要求の18歳修斗王者・西川に肘打ちの暴挙「簡単に出していい名前じゃねえ」

・【RIZIN】弥益ドミネーターが鮮烈の初回一本勝ち、萩原京平が衝撃のタップアウト!

・何だこの背筋は!秋山成勲が鬼が宿る”刃牙”化!青木戦へ向け筋トレと減量

・【修斗】“グラマラスなクリエイター”宮藤あどね、初代アンバサダー就任に「緊張とプレッシャー、魅力伝えたい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧